金融経済教育はいま? 高校生が「住宅ローン」を学ぶ現場をレポート

マネラボ編集部

2019.02.03.(日)

金融経済教育の必要性が叫ばれ始めてから数年。教育現場の実情はどうなっているのでしょうか?
先進的な取り組みで有名な品川女子学院の高校2年生の授業に潜入してみました。

品川女子学院は、文部科学省のスーパーグローバルハイスクール指定校であり、東京都内で人気を誇る中高一貫校です。教育方針として28歳を意識したライフデザイン教育「28project」を柱としていて、企業とのコラボレーションも活発だそう。

総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーから小野原薫講師が出張して2コマの授業を担当します。テーマは「マイホームの購入の仕方」について。「家庭科」の2コマを使っての授業だそうです。確かに、それは「家庭科」の大切なところかもしれません!

「家を買うとしたら、中古がいいか新築がいいか?」

新築がいいという生徒がほとんどでした。

ここで講師から、海外と日本の比較が説明され、日本は他国と比べて、圧倒的に新築が人気なことがわかりました。

「これには背景があります。日本では、新築よりも中古のほうがお金が借りにくいのです。つまり、中古物件のローンの貸出条件が厳しい。しかも、新築の固定資産税が優遇されています。これでは、『お金が借りられないし、新築のほうが税金が安いなら新築にしよう』と思いますよね。

さらに、住宅メーカーにも、中古マンションの解体には税の優遇が受けられるとあって、どんどん壊して新築にしていきたくなるという背景があるのです。すると中古物件が少なくなり、流通が不活発になります。

海外では、中古と新築でローンの差はないことに加え、中古物件の方が良いとする価値観のちがいがあるんです。その証拠に中古物件の価格は下がりません。日本の新築が高いのは宣伝費などが乗ってしまっているせいで、中古が悪いから安いというわけではないのです」

「そして、ローンについても違いがあります。

日本では、住宅ローンが払えなくなってしまって途中で売却したときに返済すべきお金より、売値のほうが安かったら、その差額は家がなくなっても返さなくてはいけません。

これを「リコースローン」というのですが、アメリカの場合は「ノンリコースローン」といって、途中で家を売ったら、残った住宅ローンは支払わなくてもよい制度です」

生徒たちから「アメリカの方がいい!」という声が起こります。

でも、そのせいで引き起こってしまった「リーマンショック」の説明がありました。

高校生が授業で体験した「マイホーム購入講座」はこちら

▶授業はさらに深くなり…住宅ローンの話に!次ページに続く

1 2>>

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • お金のことでがんに負けないために、医療費への対策法を知っておこう

    詳細を見る
  • 給料ダウンや失業などの収入減に備えて準備できることは?

    詳細を見る
  • お金のトライアングル8話『コツコツ貯めるマジメ女子!』

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

住宅ローンの繰り上げ返済はしたほうがいいの?「マイホーム購入スクール」講師に訊く

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

マイホーム購入のセオリーに当てはまらないものは買っちゃダメなの?「マイホーム購入スクール」菅沼尚宏講師に聞く

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

マイホーム持ちなら人生で3回は訪れる「あの書類」と向き合う瞬間

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

後悔を感じたら時すでに遅し・・・マイホーム購入の大事なポイント

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  使い方使い方

マイホームは戸建て?それともマンション? 比較すると見えてくる、マンション購入の注意点!

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

マイホームか賃貸かを見極める「200倍の法則」とは?