今年の不動産投資、どんな1年にしたいですか?

城山剣吾

2019.01.15.(火)

皆さんこんにちは。
ファイナンシャルアカデミー 「不動産投資スクール」 講師の城山剣吾です。

年末年始に考えること

2019年が始まりました。
今年は平成最後の年という事もあり、日本全体が大きな区切りを迎えますね。

さて、時は新年を迎えましたが、少しだけ時間を巻き戻して年末年始について考えてみましょう。
この時期、皆さんにぜひやって欲しい事があります。それは「年末の振り返り」「新年の目標設定」です。

話は変わりますが、 強い目標意識を持つ事はとても重要です。
この目標を強く意識するための手段として「自分の目標を公言する」という方法があります。
多くの人に目標を公言する事で行動意欲が上がり、また公言した以上、実行せざるを得なくなるのです(笑)

そこで今回はこの場をお借りして、私の2018年の振り返りと2019年の目標や抱負を公言しようと思います!

という事で、さっそく昨年の振り返りから。
2018年は個人的に変化が多く、本業ではポジションが変わりマネジメント力を試される年でした。
またプライベートでは「たくさん家族旅行をする」ことを目標にしていましたが、こちらは忙しいながらも理想通りたくさんの旅行に行く事ができました。(その数、なんと10回!)

そして肝心の不動産投資。こちらは年間を通して買付もいくつか入れましたが買付競争に一歩及ばなかったり、買付が通っても満足のいく融資条件が獲得できずに見送ったりと、残念ながら購入までには至らない1年でした。

そんな中でも既存物件の運営は順調な年でした。
高稼働を維持して安定したキャッシュフローが得られ、また税金対策として個人所有の二棟を資産管理法人に売却したので、今年は更にキャッシュフローが安定する予定です。

またファイナンシャルアカデミーの講師も、試行を重ねてより分かりやすい授業に成長させる事が出来たかなと思っています。

新規物件を増やせなかったのは反省点ですが、全体を通して充実した日々を過ごせた感謝の1年でした。

年初には目標を設定しよう

私の2018年の振り返りを紹介しました。が、次に、これを参考に今年はどんな1年にしたいか?
具体的な目標を立ててみたいと思います。

まず、昨年に達成できなかったものの見直しから。
反省点としては何と言っても新規物件の取得に至らなかった点ですね。これは物件の高騰が若干影響している部分もありますが、その状況下で「一棟物件を買う」という点にこだわりすぎていたかな……という反省があります。

そこで今年は一棟物件に加えて、戸建投資も視野に入れて考えていこうと思います。
今年はとにかく所有物件を増やす。これに執着して前進していきます。

そして既存物件に関しては、大規模修繕を実施しようと思います。
これは物件の老朽化と税金対策の両面を考えると、今年に実施するのがベストと判断しての事。これは前半には実行に移して完了させたいと思います。
大規模修繕で経験したことは、ぜひこの場で紹介させて頂きますね。

そしてファイナンシャルアカデミーの講師。こちらも更なる追求をしていきたいと思います。
私が理想としているのは、これから不動産投資をスタートする方に、いかに不動産投資の魅力と現実を知ってもらうか?です。
これを追求して、更にリアリティなのある授業にレベルアップしていきたいと思います。

またプライベートに関しても、昨年に引き続き「家族で旅行をたくさんする!」を継続しようと思います(笑

充実した1年にするために

今回は私の2018年の振り返りと2019年の目標や抱負を中心に……と言いますか、ほぼ私の公言の場になってしまいましたが(苦笑)、ぜひ皆さんにもこの様な振り返りと目標設定をして、充実した1年にして欲しいと思います。

そしてこの様な振り返りや目標を考える以前に、最も大切な事があります。

それは「健康であること」。

「健康第一」という言葉がありますが、これは本当に大事だなと思います。
昨年に充実した日々を過ごせたのも、そして今年も目標に向かって行動できるのも、体が健康だからですよね。
「毎日を支障なく、健康で過ごす」という事を、みなさんにも強く意識して欲しいと思います。

2019年が始まり、「今年は不動産投資に本格的に取り組もう!」 と強い決意を固めている方も多いと思います。
今年も私は公言通り、不動産投資に躍進していきます。そして不動産投資スクール講師として一人でも多くの方に不動産投資の魅力や楽しさを知ってもらい、実践して欲しいと思っています。

みなさん、ぜひ一緒に不動産投資に取り組み、毎日を健康に過ごし、楽しく充実した2019年にしていきましょう!

生涯続く家賃収入を手入れる。卒業生21大家さん

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

城山剣吾

ファイナンシャルアカデミー認定講師。「不動産投資スクール」で教壇に立つ。東京都出身。メーカー系企業勤務、エンジニア業に従事。就職して数年後、不況の煽りを受け週4日出勤・給料も20%カットという状態に陥り、サラリーマンという立場に大きな不安と疑問を感じ始める。ほどなくして「会社に頼らず、自力で稼げるようになろう」という想いが強まり、当時注目され出していたYahoo!オークションに目をつけ副業を開始。これが軌道に乗り約900万円の利益を上げる。この資金を使って不動産投資の勉強を本格的にスタート。2008年に収益用の区分所有を購入。以降は一棟物件にシフトし、RCマンション、木造アパート、重量鉄骨造マンションなど計四棟を購入。現在の年間家賃収入は約2200万円。

  • 大学生の子どもの国民年金。親が代わりに支払うべき?

    詳細を見る
  • お金のトライアングル4話『ずっとズボラ女子?』

    詳細を見る
  • 株式投資は怖い!という初心者が知らない3つの安全性

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

【特別掲載】現在家賃収入が8000万を越える僕が、43歳でやっと投資に目覚めるまで~お金の教養フェスティバル2018講演~

家賃交渉成功
マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

家賃交渉テクニック〜あなたは家賃を払い過ぎていませんか?〜

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

ベテラン不動産投資家は、こうして物件を探す

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

知っておきたい「登記簿謄本」の読み方

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「ワンルームマンション規制」の現状と未来

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

不動産投資の重要指標「ROI」を考える