スマホだけで確定申告できる?「スマート申告」始まる

野瀬大樹

2019.01.10.(木)

今回、平成30年度の確定申告よりいわゆる「スマート申告」が始まります。

簡単に言いますと、従来は手書き、もしくはパソコンで作成が可能だった確定申告をスマホ一本で終わらせることが可能になるというものです。

スマホやタブレットの高品質化で自宅にパソコンを持っていない人も増えていますので、この制度は助かりますよね。

私は以前より「確定申告は自分でできます!」と言っていましたので、喜んでいたのですがよくよく国税庁のホームページを見ると注意するべき点も何点かありそうですので、このスマート申告になって

・良かった点
・注意するべき点

をまとめてみました。

スマート申告の良かった点

①パソコンなしでも申告書の作成が可能に

従来パソコンを持っていない人が確定申告書を作ろうとすると、税務署で申告書をもらいそこに手書きによって記入するしか方法はありませんでしたが、このスマート申告によりスマホからでも申告書の作成が可能になりました。

②電子申告がより簡単に

電子申告を行う際には税務署にて事前にIDとパスワードをもらうことで、スマホで作成した申告はそのままスマホから税務署に送信することができます。事前に税務署で身分証明書を提示する必要はあるのですが、従来より手続きはかなり楽になりそうですね。

スマート申告の注意するべき点

まだ正式なフォームの発表は1月4日と言われていますので詳細は分からないですが、現在発表されている内容では、作成できるのは「所得税の申告書」のみとなっています。

つまり今の発表をストレートに考えると、いわゆる副業や不動産投資などで所得がある場合に「事業所得」「不動産所得」の申告が必要なケースや、株式投資の損を繰り越す必要がある場合などは、このスマート申告では対応できないようなのです。

たしかにあのスマホの小さな画面で減価償却費などを打ち込む姿は少々想像できなかったのであたり前と言えば当たり前かもしれませんね。

まとめますと、この「スマート申告」で便利になる人は基本的に、会社にお勤めの人で、生命保険控除や医療費控除なので還付を得る人などがメインになるのかなと予想されます。

まだまだ始まったばかりのシステムですので今後はフィンテック等とリンクして、事業所得や不動産所得もスマホ一つで確定申告ができるようになるといいですね。

収入アップ目指したい、老後の不安をなくしたい方はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

野瀬大樹

公認会計士・税理士。大手監査法人にて会計監査 、株式公開支援、財務調査、内部統制構築業務にかかわる。会計のプロとしての視点から家計のリストラに着手し、支出を1年で50%減らす。さらに自身の労働時間を年間1000時間減らす中で、所得の増加にも成功している。公認会計士協会主催の講習の講師も務め、小中学生に会計とお金の話をわかりやすく伝える授業には定評がある。著書に「20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとやばいですよ!」(クロスメディア・パブリッシング) 、「自分でできる 個人事業主のための青色申告と節税がわかる本」(ソーテック社)などがある。

  • 住宅ローンの繰り上げ返済はしたほうがいいの?「マイホーム購入スクール」講師に訊く

    詳細を見る
  • 銀行の退職金プランの高金利に騙されるな!

    詳細を見る
  • 韓国の徴用工判決は全くのナンセンスなのか?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」