【知らないと損】給料から引かれる税金の活用方法 

tsuruo

2019.01.07.(月)

慣れない仕事をして初めてのお給料。ドキドキしながら口座の残高をみたら思ったよりも増えていない。あれ、おかしいな?と、違和感を感じることでしょう。

その原因は税金が天引きで引かれているからかもしれません。 このような税金についてよく知らない人も多いと思います。しかし、今後働いている間はずっと税金と付き合っていくことになります。

税金はただ引かれていくだけではなく、うまく活用することもできますので早めの対策をおススメします。

給料から引かれる税金は2種類

お給料から引かれる税金としては所得税と住民税の2種類があります。
所得税は国に納める税金、住民税は地方自治体に納める税金なので別々に徴収されます。

初めての就職でお給料をもらう場合はまだ住民税は発生しませんが、2年目の6月から住民税も天引きで引かれるようになるのでさらに手取りは減っていきます。

例えば独身で年収300万円の場合、所得税が約6万円、住民税が約12万円なので年間約18万円ほど天引きで引かれます。

会社員はこの税金から逃れることはできないので、単純に10年働けば約180万円もの税金を支払っていくことになります。しかも日本は累進課税ですので、お給料が上がれば支払う税金も増えていきます。

税金は納めるだけではなく、うまく活用できる!

個人事業主は経費を使うことで対策が出来ますが、サラリーマンは経費を使うことがほとんどできません。本来は納めることしかできない税金を、うまく活用する方法がありますのでご紹介します。

1、生命保険(効果小)
2、ふるさと納税(効果大)
3、iDeCo(効果大)

有名な税金活用法は以上の3つです。一つ一つ簡単に紹介したいと思います。

税金活用法① 生命保険

社会人のほとんどが加入しているのが保険です。掛金が経費として認められているので、加入していれば税金を少し安くすることができます。生命保険と年金保険、介護保険が対象とりますが、掛金の一部しか経費にはつかえません。

税金活用法② ふるさと納税

最近有名なのがふるさと納税です。おそらく聞いたことがあるかたも多いと思います。他の地方へ寄付を行うことで税金を安くし、かつ特産品などを貰うことができます。

年収によって上限額が決まっています。例えば年収300万円の方の場合は約3万円がふるさと納税に使えます。特産品は5千円からもらえる地域が多く、6か所に寄付すると6か所から特産品を受け取ることができます。

税金活用法③ iDeCo(イデコ)

まだまだ一般的には有名になっていませんが、早くから加入することをおススメします。以前は個人型確定拠出年金という名前でしたが、今はiDeCoと名称がかわりました。

iDeCoは簡単に言うと、個人でつくる退職金のようなものです。

月5千円から積立が始められ、運用方法も自分で決めることができます。安定した運用やリスクをとった運用も可能ですが、不安な方は定期預金のような安定型もありますのでご安心下さい。

一番のおススメはiDeCo(イデコ)

iDeCoをおススメするポイントはサラリーマンでも積み立てた金額を全額経費として使うことができることです。

例えば月5千円を積立していくと年間6万円を積み立てることができます。そしてこの6万円を全額経費として使うことができます。

年収300万円の人の場合は所得税が3千円、住民税が6千円安くできますので年間9千円も得をします。(年収があがるとこの効果も増えます)

10年間の積立すると、9万円の税金を得することになります。

税金に強くなろう!

働いてお金を稼いでいるうちは、必ず税金と付き合っていかなければなりません。

税金の知識がある方は実はあまり多くありませんので、ほとんどの方がただ税金を言われたままに払っています。

今回ご紹介したふるさと納税や保険、iDeCoだけではなく、税金に詳しくなっていくことは人生にとってプラスになります。一つ一つの効果はすごく大きいものではありませんが、組み合わせたり長期的に活用していくことで大きな効果へと変わっていきます。

同じ収入でも、税金への知識があるだけで手元に残るお金は増えますので早めに知識をつけることをおススメします。

投資でお金を増やしたい方にオススメ!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

tsuruo

長年勤めた不動産会社を退職後、フリーランスとして活動中。
不動産会社時代の営業力やサイト制作者たちとのネットワークを駆使し、ディレクター業もこなす。BtoCの営業サポートにも定評がある。
【twitter】https://twitter.com/tsuruchan_55

  • 【密着レポート】小学生だけど、株式投資スクールで勉強してみました

    詳細を見る
  • 年末高に現実味?高利回り&増配予想銘柄に注目!(香川睦)

    詳細を見る
  • 共働き夫婦の住宅ローンはどれが正解?〜ペアローン・連帯保証・連帯債務〜

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」