今年こそ投資デビュー!つみたてNISAが投資初心者にいい理由

楽生暮

2019.01.10.(木)

20181月にスタートしたつみたてNISAも開始から1年が経過しました。投資をまだ始めていない人も金融機関やネットなどで目にする機会は多くあったのではないでしょうか?

投資を始めていない人の理由の多くは「本当にお金が増えるの?損をするのでは?」という疑問ではないでしょうか。この疑問の答えは、半分はイエスで、半分はノーです。投資は知識を正しく使えば損失をできる限り抑えられる資産運用方法だからです。 

投資の世界で起こるリスク

 投資で損をする原因は、単に商品知識を理解していない知識不足からなものと、経済情勢の変化、テロや戦争、天災などさまざまです。経済情勢以下のリスクは個人の力ではどうすることもできないリスクです。

世の投資家と呼ばれる人々は、このようなリスクが起こることを想定し、それでも得られるリターンの方が大きいと判断してはじめて自分の余裕資金をリスクにさらしながらも、大きく育てることを日々行っています。

経済情勢以下のリスクは個人の力ではどうすることもできないと記述しました。それに対して、商品知識を理解するということに関しては、個人の力で十分に対応可能です。 

つみたてNISAが投資初心者にいい理由

商品知識を理解しながら、投資の第一歩を踏み出しやすい商品が『つみたてNISA』です。つみたてNISAは、毎年40万円までの投資額が最長20年間、最大で800万円まで非課税投資枠がある制度です。取扱商品の信託報酬手数料が低水準であり、頻繁に分配金が支払われないなど、投資の初心者でも利用しやすい仕組みとなっています。また公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、金融庁によってあらかじめ選ばれた運用商品となっています。 

公募株式投資信託の公募とは、不特定多数の投資家に向けて広く募集を行うことです。金融機関や保険会社などの機関投資家へ向けた投資信託ではなく、一般的な個人投資家も購入できる商品を公募株式投資信託といいます。 

上場株式投資信託(ETF)とは、日経平均やTOPIXなどの特定の指数に連動するように組成されたインデックスファンドと呼ばれる投資信託のうち、証券取引所に上場しているものをいいます。上場しているため、一般の株式のように売買ができます。また、多くの会社の株式を含む指数に連動するため、値動きも小さめで、リスクが小さくなりやすい特徴があります。 

公募株式投資信託、上場株式投資信託(ETF)はどちらも、特定の企業に投資をする個別投資とは異なり、複数の企業に分散投資をする方法です。

このように、購入できる商品が公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されていることは、初心者にとってどの商品を購入すれば良いか分からない迷いを解決してくれる手段となります。

積立NISA

 投資で失敗しにくい「長期×分散×積立」を実現できる

つみたてNISAを初心者におすすめするもう1つの理由が、投資の王道である「長期×分散×積立」を実現できるからです。長期にも分散にも積立にもそれぞれメリットやデメリットがありますが、メリットは相乗効果を発揮し、それがデメリットを補う効果があるため単独よりもリスク回避につながります。 

長期の特徴としては、時間を味方につけて複利効果で利益の上昇を狙えるメリットがあります。デメリットとしては、長期に選んだ企業が失敗だった場合リスクをかぶることになります。そのため分散と相性が良いとされています。分散の特徴は、公募株式投資信託や上場株式投資信託(ETF)で説明した通りです。さまざまな企業に投資するためリスクが分散されます。 

積立の特徴は、ドルコスト平均法を使えるメリットがあります。ドルコスト平均法とは投資の手法で安いときに多く購入し、高い時は少なく購入する方法です。積立では、たとえば毎月5,000円分購入すると決めているとドルコスト平均法が自然に使うことができます。 

相場はいつもチャート上で上下を繰り返しています。そのため買い時が分からない初心者も多くいますが、ドルコスト平均法を用いると毎月、毎日と購入日を指定しておけば買い時に迷う心配はいりません。

知識がなくても大丈夫!はじめての投資信託デビューの詳細はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

楽生暮

ファイナンシャルプランニング技能士2級、AFP(日本FP協会認定)
金融・保険業界を経験後、現在はフリーでFPに関するライター業やメディカルハーブ、マヤ暦占星術の講師業を行う2児の母。自身でも株やFX、つみたてNISAなどの資産運用を行いながら、「楽しく生きて暮らす」をテーマに子育てや資産運用を書いたノンジャンルのブログも運営中。複数の収入の柱を持つことを提案し、実行している。

  • トレードをする際のルール決めのコツとは

    詳細を見る
  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第79話~

    詳細を見る
  • FXは身近な存在、海外旅行の際におこなっているかも!?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

今年こそ株式投資をはじめよう、口座開設にどの証券会社を選んだらいい?

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

「ひふみ投信」はどこに投資しているのか

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

投資をはじめたい人必見!知っておきたい相場格言6選

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

投資にチャレンジしたい初心者の疑問。投資先はどう選ぶ?

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

投資信託と保険ってどっちがお得?

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

資産運用を始めたい20代にオススメ 「投資信託」って何?