水筒でできるカンタン節約術!年間3万円以上の節約になるかも?!

はるちゃん

2018.11.19.(月)

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ新聞記者、はるちゃんです。

将来の結婚や住宅購入などに備え、日々の節約が大切であることは言うまでもありません。もっとも「それができない」っていう人も多いと思います。節約や家計管理がきちんとできれば、苦労しませんよね。でも、ちょっとした工夫でできる節約もあります。今回は、誰でもできる簡単節約術の一つをご紹介します。

皆さんは「水筒」を使っていますか?
そう簡単節約術の一つは水筒です。職場環境によって、さまざまだとは思いますが、コンビニエンスストアや自動販売機でミネラルウォーターや缶コーヒーなどを買わなければならない方も少なくないと思います。

例えば、150円のペットボトルのお水。出勤時の月20日間で購入するとします。150円×20本=3000円です。1年間にすれば、3万6000円となります。暑い日などは1日1本だけでは足りないこともありますよね。お水代だけで年間3万~4万円もかかっているわけです。

コーヒーチェーンなら年間6万円超の出費に!

もしスターバックスなどコーヒーチェーン店などでコーヒーを購入していたらどうでしょうか? スタバのコーヒー(ショート)が280円ですので、280円×20日=5600円で、年間6万7200円になります。

水筒ならば、水道代や電気・ガス代のほか、紅茶や緑茶など茶葉の代金だけで、1日当たりの出費は微々たるものです。日常の水道代や電気・ガス代、食費に吸収され、特別な出費として意識することはないはずです。

最近の水筒は技術が進んでおり、冷たいものは冷たいまま、熱いものは熱いまま、長い間楽しめます。1日経っても、氷がとけていないこともあります。もちろん温かさも持続しますので、温かい飲み物がお好きな方にもいいでしょう。

水筒は持参、ダイエットにも効果的!

水筒は財布に優しい上、ダイエットにもプラスとなります。そうです。カロリーです。ブラックコーヒーや紅茶ならば低カロリーですが、コーヒーチェーンにはクリームやアイスでデコレーションされた美味しそうな商品が並んでいます。

スタバでは、クリスマスに合わせた商品「クリスマスストロベリーケーキフラペチーノ」を販売しています。値段は590円。413カロリーで、マクドナルドの「倍チーズバーガー」(パティが2枚入っています!)と同じカロリー量です。

ちなみにマックのハンバーガーは260キロカロリーなので、もし食後に「クリスマスストロベリーケーキフラペチーノ」を飲んだら、マックのハンバーガー約1個半を食べたことになります。飲み物以外にもクッキーやケーキなどコーヒーチェーンには魅力的な商品があり、ついつい手に取って買ってしまうこともありますね。それはコンビニも同じです。節約のためにも、そして、体型維持やダイエットのためにも、コーヒーチェーンやコンビニに近づかない。そのためには「水筒」持参が役立つはずです。

節約にはいろいろな方法がありますが、まずはお手軽にできることから始めるのがオススメです。
節約した分は積み立ての投資信託を始めてもいいですし、映画やコンサートに行ってもいいでしょう。もちろん、時にはスタバで買い物をしてもいいでしょう。

ちょっとした心がけで節約はスタートできます。節約生活の第一歩に「水筒」持参はいかがでしょうか。

お金を貯める6つのメソッド、知りたい方はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

はるちゃん

ファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を持つ新聞記者。暮らしや投資のほか、教育やデジタル関係にも精通している。

  • 年金法改正でパートの社会保険適用拡大か? 素朴な疑問にお答えします

    詳細を見る
  • 人生を変えたいときに、まずしたくないことを手放してみた

    詳細を見る
  • 買収された株価はどうなるの?

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

不動産投資不動産投資 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」