LINEが保険や投資の取り扱い開始!ファイナンシャル事業強化

宮田よし恵

2018.11.04.(日)

最近、SNSでは多くのサービスが発表されています。

LINEではLINEPayやウォレットなどのお財布機能、またFacebookでも送金システムが発表されています。

今度はまたLINEで保険・投資の取り扱いが開始されました。

手軽に加入できるのがメインですが、取り扱う保険や投資の種類がニッチで注目されています、詳しくご説明しますね。

LINE保険の種類とは?

参照:PR TIMES「LINE保険」

この保険の種類、結構面白いと思いませんか?

現在LINEではキャンペーン期間で今年10月16日から12月12日の期間に「LINE保険」の公式アカウントを友達追加されて方に上記の保険のうち1つをプレゼントされるとのこと。

SNSでの保険の取り扱い開始も驚きですが、友達追加で保険をプレゼントというのがいかにもLINEらしいやり方ですね。

この保険はスマホのおまもりと自転車のおまもりは1年間のみで更新無し。

年越しのお守りは2018年12月31日~2019年1月1日限定の保険です。

今回新たに発表されたLINEでの保険の種類がなんと59種類!

内容を1部ご紹介しますね。

例えば天気というジャンルでは

・梅雨のときの安心保険
・台風のときの安心保険
・大雪のときの安心保険

いずれも急な悪天候によるケガや賠償責任についての保険です。

保険料は加入日と終了日により金額が異なりますが、数日や1カ月など短期の保険で料金は一回につき数百円程度でLINEPayで料金を支払うシステムです。

その他、忘年会保険・紅葉狩り安心保険・お花見安心保険・花火大会安心保険・バーベキュー安心保険というイベント当日のみだけの保険。

また、継続的に加入できる保険としては賃貸物件を借りるときの保険など500円/月も用意されています。

このような保険の種類をみていると、今まで短期の保険はあっただろうか?という疑問が起こります。

セブンイレブンやローソンでの1日だけの自動車保険などはありますが、紅葉狩り安心保険・お花見安心保険というイベントに特化している保険というのは今までみたことがありませんでした。

同じような保証内容でイベント特化ということではなく「損害賠償保険」という名前で加入されている方多いのではないでしょうか?

大手保険会社では賠償責任保険という名目でイベントにかかわらず、他人の物を壊したり破損したりした場合の損害賠償保険というものはあります。

しかし損害賠償保険はそれ単体で加入する場合は少なく、自動車保険や医療保険など他の保険のオプション的な存在が多いようです。

ケガをしたりという場合でも医療保険でカバーされている方もいるでしょう。

加入するべきか内容をよく精査する必要がありますね。

LINEで投資の内容とは?

これはLINEスマート投資のサービス流れをお伝えする画像です。

参照:PR TIMES「資産作り」

スマート投資の内容は簡単に言えば「投資信託」です。

アンチエイジングやドローン・人口知能などテーマを決めて投資をするというシステムです。

1株単位で10万円という少額から投資することができ、手数料も低く抑えられていることが売りといえるでしょう。

インターフェイスもわかりやすく、「寿司」「ペットと暮らす」など面白いテーマが多いです。

LINEで保険・投資をしますか?

LINEでの保険や投資の取り扱い開始をご紹介してきましたがLINEが何故、保険や投資サービスを始めたのでしょうか?

LINEは日本独自のSNSとして発展してきましたが今後「LINEファイナンシャル」という金融をメインとした事業を展開されていくことが発表されています。

今年1月には仮装通貨への参入も発表しており、また5月には野村證券と事業提携が決まりLINE口座を開設して株式売買もできるようになります。

加入者の多いLINEから口座を開設したり、保険加入し投資も可能という展開が発展していくでしょう。

ご紹介してきたLINEで保険を加入するだろうか?と考えると、私自身現在の内容ではちょっと考えてしまいます。

私は現在、他の保険と一緒に損害賠償保険に加入していますしケガや病気の場合は医療保険でカバーできています。

少額ではあっても今現在では残念ながら「加入しようかな?」というサービスは見当たりません。

また「LINEでスマート投資」についてはちょっと興味があり投資テーマを見てみるとかなりのテーマが運用成績が下がり気味です、上がっているテーマもありますが現在株価が下がっていることも原因だと思います。

10万円という少額からという手軽さではありますが、元本保証ではありません、損をする場合もあるのです。

LINEでの保険や投資については手軽に利用できるということが利点でしょう。

大切なあなたのお金を使うのです、必要な保険、または余裕資金で応援したい投資があれば利用するというしっかりとした検討はいずれも必要ですよ。

年収の2割を貯蓄する!誰でも始められる法則とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

宮田よし恵

アパート経営10年の実績を活かし、不動産投資・起業・銀行など主にお金と投資について執筆多数。今後は、母を介護をしている経験からシニアと住宅・お金の問題に対しても発信していきたいです。

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~番外編その2〜

    詳細を見る
  • 定年後 一番怖いのは孤独になること

    詳細を見る
  • 内装リフォームで気を付けたい2つのこと

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」