医療費を節約したいなら「ジェネリック医薬品」

黒田尚子

2018.10.13.(土)

慢性疾患などのため、長期にわたり医療費がかかる場合、気になるのはお薬代ですよね?
保険適用になっている薬剤でも、チリツモで費用はバカになりません。

今回は、そんなお薬代を節約できる「ジェネリック医薬品」についてご紹介しましょう。

「ジェネリック医薬品」とは?

ジェネリック医薬品とは、いわゆる「後発医薬品」とも呼ばれ、特許が切れた先発薬を別の製薬会社が同量かつ同じ有効成分で作るというものです。

薬局などで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

医薬品には、「一般名(成分名)」と「商品名(ブランド名)」の2つの名前があるのがキホン。一つの成分に対して一般名は1つだけなのに対して、商品名はメーカーごとにバラバラです。

例えば、胃炎や胃潰瘍などの際に、よく「ガスター」というお薬が処方されますよね。これは商品名で一般名は「ファモチジン」といいます。紛らわしいことに、病院で渡される処方箋には、処方されたお薬が一般名で書かれている場合と、商品名で書かれている場合があります。

ただ、欧米では、一般名(generic name)で処方することが多いため、こうしたお薬のことを「ジェネリック医薬品」(以下、ジェネリック)と呼んでいるわけです。

ジェネリック医薬品の利用は地域によって差がある

高齢者の増加とともに、増え続ける国民医療費を抑制しようと、国はジェネリック医薬品の普及を推進。平成32年9月までに「80%」の目標を掲げています。

現在は、平成29年9月時点で65.8%(厚生労働省の「薬価調査」)。ただ、都道府県によって、シェアに地域差が生じており、沖縄県(80.4%)や鹿児島県(77.3%)、岩手県(75.9%)など、平均以上の県がある一方、徳島県(61.3%)や山梨県(63.6%)、高知県(64.4%)などは、平均以下です。

薬剤師等の転職サイトを運営するアポプラスステーションが行ったアンケート(2017年9月)によると「調剤薬局でジェネリックを勧められたとき、承諾するかどうか」という質問に対して、男性77.0%、女性68.5%が「承諾する」と回答しており、多くの人がジェネリックへの利用意向があると考えられます。

ジェネリックの最大のメリットはコストが割安なこと

ジェネリックのメリットは何と言っても費用が安いこと。

先発医薬品に比べて、研究開発費がかからないため、かなり割安になります。

例えば、前述の「ガスター」は、先発医薬品が22.3円(ガスター錠10mg)に対して、ジェネリックは、9.6~12.4円と、多くは2~7割程度の価格です。

しかし、有効成分が同じでも、薬の溶け方や形状が異なるなど、ジェネリックは先発医薬品とまったく同じとは言い切れません。ジェネリックの品質に懸念が残るため、外来処方で積極的に処方しないと考える医師も少なくないようです。

とはいえ、費用も安くなるし、効能が同じで、とくにお薬に‘こだわり’がなければ、ジェネリックを使っても良いと考える人は多いでしょう。

ジェネリックが不安なら分割調剤でお願いするのも一手

では、ジェネリックを利用したい場合はどうすれば良いのでしょうか?

まず主治医に「ジェネリックを利用したい」という意思を伝えます。

また通常、外来で渡される処方箋には、先発医薬品の名前が記入されています。ジェネリックへの「変更不可」欄に「ㇾ」または「×」の記載がなければ、調剤薬局で患者さんが先発医薬品とジェネリックのいずれかを選択も可です。

さらに、「ジェネリックを使ってみたいけど、安全性や有効性などが心配…」という方は、「分割調剤」にする方法もあります。

分割調剤は、①ジェネリックを初めて使用する際に、不安を取り除くために短期間試してみる場合以外にも、②長期処方されたけれども家庭などでの保存が困難な場合や③医師の指示がある場合に行われます。

2018年度診療報酬改定では、③について明確な規定が設けられました。

お薬を一度にもらうよりも、調剤等にかかる費用はかかってしまいますが、安心してジェネリックを使用するためには有効な手段の一つです。

生涯年金を750万円多く貰える方法が学べる!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

黒田尚子

ファイナンシャル・プランナー/消費生活専門相談員資格/乳がん体験者コーディネーター。1998年FPとして独立。2009年末に乳がん告知を受け、「がんとお金の本」(Bkc)を上梓。自らの体験から、がんなど病気に対するおカネ・ココロ・カラダの備えの重要性を訴える活動を行うほか、老後・介護・消費者問題にも注力している。著書に「50代からのお金のはなし」(プレジデント社)、「がんとわたしノート」(Bkc)、「がんとお金の真実」(セールス手帖社)など多数。黒田尚子FP事務所 http://www.naoko-kuroda.com/

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について