住宅ローン審査をする銀行はどこをみている?「マイホーム購入スクール」講師に訊く

菅沼尚宏

2018.09.28.(金)

「一生に一度の買い物」であるマイホーム。キャッシュでポンと買えるならいいですが、銀行などで住宅ローンを組んで手に入れるのが普通です。

住宅ローンを組む前に気になるのが「住宅ローン審査」です。これまでの信用情報(過去の借金などの情報)が洗いざらいさらけ出されるのだろうか?と不安になります。このような情報を与信ともいいます。

住宅ローン審査を受けるときに、自分の与信として銀行目線ではどこをみているのでしょうか? 気になります。(30代男性)

マネラボ編集部:住宅ローン審査を受けるときの与信についてです。どこをみられているのか知りたくて、みなさんネットで調べたりするんですが、納得できる答えにたどり着けないこともあって。住宅ローンを借りたいとき、銀行はどう借り手の与信をみるのでしょうか?

菅沼講師 :それはやっぱり一番最初に属性です。

属性というのは、年収などのことです。あなたがお勤めの会社と、勤続年数と、年収と、それから資産ですね。どれだけ資産があるか。ここは基本です。でも、これは直すことも変えることもできません。

マネラボ編集部:それでは、そういう人はどうしたらいいのでしょうか。

菅沼講師 :与信があまり届かないのにいい住宅ローンを組みたいなら、プラスアルファの要素をどれだけ持ってくるかということになります。

それは、たとえばご両親が故郷にお住まいで、土地持ちの実家で住んでいるとか。これはやっぱりプラス要素になりますよ。本当は住宅ローンはここまでしか出ないんだけど、そういう親御さんの事情があるんだったら……とちょっと増える可能性はあります。

▶▶▶次ページに続く

1 2 3>>

菅沼尚宏

ファイナンシャルアカデミーグループ認定講師。「不動産投資スクール」で教壇にたつ。
不動産投資を始めて7年でサラリーマンを引退するという目標を持っていたが、わずか4年で目標収益を生み出し、サラリーマンを引退した。自身も宅地建物取引士の資格を取得し、不動産取引の裏側まで知り尽くす。

こんな記事も読まれています

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方

30代の年収、貯金、生活費内訳など金銭事情

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

マイホーム購入のセオリーに当てはまらないものは買っちゃダメなの?「マイホーム購入スクール」菅沼尚宏講師に聞く

資産運用資産運用 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part1

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

後悔を感じたら時すでに遅し・・・マイホーム購入の大事なポイント

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  使い方使い方

マイホームは戸建て?それともマンション? 比較すると見えてくる、マンション購入の注意点!

資産運用資産運用 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

マイホームか賃貸かを見極める「200倍の法則」とは?