30代男性のギモン。節約のために自動車保険を見直しをしたい!気を付けるべきポイントは?

マネラボ編集部

2018.09.30.(日)

「節約のため車の保険の見直しを考えています。初めて車を買った時に、何も考えずに入った自動車保険のままで、現在は家庭を持っているので適切なものに入り直したいです。ちなみに運転するのは僕だけです。(30代/男性)」

「補償内容」と「保険会社」がポイントです

まず意識していただきたいのが、保険は決して「安かろう悪かろう」ではないということ。逆に言えば、「高額ならば安心」というものでもないということです。同じ補償内容であっても商品によって保険料にかなりの差がある場合があります。節約したいというのであれば、補償内容の見直しはもちろん、しっかり保険会社の見直しをする必要があるでしょう。

自動車保険の補償内容を見てみると、
①対人・対物賠償など自動車事故の相手に対する賠償に備えるもの
②搭乗者傷害保険など運転者や同乗者のケガに備えるもの
③車両保険など自動車の修理費用に備えるもの
の3つに大別できます。

①については、節約したいからといって補償を小さくするのはおすすめできません。いつどんな事態に巻き込まれるかは予測不可能です。保険金額は「無制限」で加入し、運転するのが自分自身だけであったとしても、同乗する家族への備えは必要なことです。

②については、「搭乗者傷害保険」ではなく「人身傷害補償保険」に加入しておくことで、助手席の家族はもちろん、子どもが自転車に乗っている最中に事故に遭ったという場合でも補償が受けられ、幅広くカバーできます。

1年に1度は見直しをしよう

時代によって、保険は進化しています。最近では、車の使用目的や運転者を本人に限定すること、運転者がゴールド免許であること、などの条件を満たすことで保険料が割引になったりする商品も増えています。

また、安い保険料で補償の充実した自動車保険に加入するためには、インターネットの比較サイトなどを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

複数の割引条件のうち、どれがどんなふうに当てはまり、結果的に保険料が安くなるかは人それぞれ。加えて商品も年々進化しています。質問者さんのように、最初に加入したきりというのではなく、1年に1日の更新のタイミング等にあわせて必ず商品の見直しを行うことが、いちばんの節約術になっていくでしょう。

他人に差をつけるカンタン家計簿や節約術を学びたい

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • 増え続ける今どきコインランドリーでラク家事主婦が増えるのか

    詳細を見る
  • 不動産売買契約はここに気をつけて!確認すべきポイント3つ

    詳細を見る
  • 節約術で最も簡単な方法

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

忘年会のネタに!知っているとさりげなく人気者になれる記事まとめ

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

【衝撃】ポイントカードの実態!財布のひもを緩める売り手の「販売トリック」とは

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

成功哲学成功哲学 |  生活生活 |  考え方考え方

目からウロコの「人生を変える習慣の作り方」!

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

自動販売機を設置して、利回りアップを目指せ!

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

知らないと損する「手付金」の常識