忙しいあなたにピッタリ! ねんきんネットで年金試算

浜田裕也

2018.09.19.(水)

年金事務所に行く時間がない、でも将来の生活設計のために大まかでもよいので年金額を把握しておきたい、というニーズは結構あります。そのような方は、日本年金機構が運営している「ねんきんネット」や各種共済組合が運営している「年金情報提供サービス」を利用するとよいでしょう。インターネット上で試算するため、パソコンやスマホがあれば24時間いつでも利用することができます。

そこで今回は、ねんきんネットを利用して将来の年金額を試算する方法をご紹介しようと思います。

24時間いつでも年金額が試算できる

日本年金機構や各種共済組合が運営しているサービスを利用することによって、24時間いつでも将来の年金額を試算することができます。国民年金や厚生年金保険に加入している方、または過去に加入していた方は、日本年金機構が運営する「ねんきんネット」を利用することになります。

共済年金に加入している方、または過去に加入していた方の共済部分の年金は、各種共済組合が運営している「年金情報提供サービス」を利用することになります。

今回は日本年金機構が運営しているねんきんネットでお話を進めますので、各種共済組合のやり方と一部違うところがあると思います。共済の詳しいやり方は各種共済組合に確認するようにしてください。ねんきんネットでは、ログインをした後に年金見込額試算のページに移り、そこで年金額の試算をすることができます。

試算は「かんたん試算」「質問形式で試算」「詳細な条件で試算」の3種類があります。

出典:日本年金機構「ねんきんネット」

かんたん試算はボタンを1回押すだけ

ねんきんネットの操作や画面の見かたに慣れるためにも、まずはかんたん試算から始めてみるとよいでしょう。かんたん試算はその名の通り操作がとても簡単です。「試算」というボタンを1回押すだけですべてが完了します。

ボタンを押した後、何歳から年金がもらえるのか? 金額はどのくらいなのか? が一覧表になって表示され、一目でわかるようになっています。かんたん試算のメリットは、その名の通り非常に簡単に試算ができることです。一方でデメリットもあります。

それは、すべての方に対応できるわけではない、ということです。かんたん試算は現在の職業が60歳まで続くものとして試算されます。

つまり、60歳以後に公的年金に加入した部分の年金額は、かんたん試算では計算してくれないのです。そのため、60歳以後も公的年金に加入する予定の方には不向きなのです。60歳以後も公的年金に加入する予定の方は、次にご紹介する質問形式で試算の方で金額を確認するようにしましょう。
かんたん試算で計算しても影響が少ない(金額の誤差が少ない)と思われる方は、例えば以下のような方たちです。

・専業主婦(主夫)
・自営業、フリーター、無職の方など
・60歳定年後、公的年金に加入しないで働くまたはリタイアする
・現在はパートで働いているが、公的年金には加入していない(する予定もない)
※いずれのケースも60歳以後は公的年金に加入する予定がない方たちを想定

慣れてきたら質問形式で試算にチャレンジ!

60歳以後も公的年金に加入する予定の方は、質問形式で試算をするようにしましょう。質問は大まかに分けて以下の3つになります。

・今後の職業は?
・今後の収入は?
・何歳まで公的年金に加入するのか?

では、それぞれ見ていきましょう。

まず、今後の職業を決めます。職業は全部で7種類に分類されており、その中から選びます。

次に収入になります。例えば会社員として働き続けるものとした場合は、月収と賞与の予定金額を入力します。

次に収入になります。例えば会社員として働き続けるものとした場合は、月収と賞与の予定金額を入力します。

出典:日本年金機構「ねんきんネット」

3つの質問に答えた後、試算のボタンを押せば年金額の一覧表が表示されます。

質問形式で試算は、最初のうちは入力にちょっと手間取ってしまうかもしれません。試しに何パターンかやってみるとそのうち操作に慣れますので、遊び感覚で楽しみながら色々と条件を変えて試算してみましょう。質問形式で試算のメリットは、60歳以後も公的年金に加入する場合のケースで計算できることです。デメリットは入力がちょっと面倒なところです。質問形式で試算をした方がよい方は、例えば次のような方たちです。

・60歳以降も厚生年金保険に加入して働く予定
・60歳以降に国民年金に任意加入する予定

なお、詳細な条件で試算では、年金の繰上げ受給(本来の受給年齢よりも早くもらう方法)や繰下げ受給(65歳からの年金を受け取らずに増やす方法)の試算などもできます。

本来の受給年齢でもらう予定のない方は、詳細な条件で試算するようにしましょう。

ねんきんネットを利用するために必要なものは?

非常に便利なねんきんネットですが、利用するためにはユーザIDとパスワードの2つが必要になります。ユーザIDとパスワードは、ねんきんネットの新規登録の際に発行されたり設定したりします。なお、ねんきんネットに新規登録するためには、アクセスキーと基礎年金番号が必要になります。

したがって、まずはアクセスキーと基礎年金番号のわかるものを用意する必要があります。アクセスキーを手に入れる手段は、主に以下の3つです。

・ねんきん定期便に記載されている
・年金事務所で発行してもらう
・ねんきんネットから発行依頼をする
※アクセスキーの有効期限は発行から3カ月です

基礎年金番号は年金手帳で確認することができます。お手元に年金手帳がない方は、職場で保管してもらっているケースもありますので、職場の人事課や総務課に聞いてみましょう。年金手帳を失くしてしまった方は、職場を通して再発行の手続きをしてもらいましょう。

まとめ

ねんきんネットを利用するまでには少々面倒なこともありますが、一度設定してしまえば、いつでもどこでも利用することができます。年金事務所に相談に行く時間が取れない方は、ねんきんネットを利用して将来の年金額を把握しておきましょう。

他人に差をつける!カンタン家計簿や節約術を学びたい方はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

浜田裕也

社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士会の業務委託で年金相談の実務にも携わるようになり、その相談件数は年間1,000件を超える。複雑な年金制度の解説や具体的な申請の仕方のアドバイスには定評がある。
日本でいちばん簡単な年金の本(洋泉社 第3章監修)
転職したり、フリーランスだったり、離婚を経験した人は知らないと損する、年金の話(SB新書 監修)がある。

こんな記事も読まれています

ポイントを教える女性
知恵袋知恵袋 |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

【子どもの進学】入学金が予定していたより高かった!急な資金不足はどう補う?

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

会社員の夫を亡くした妻のセーフティネット「中高齢寡婦加算」

住宅・保険住宅・保険 |  結婚・出産結婚・出産 |  考え方考え方

妊娠・出産時の収入の不安は、健康保険の「出産手当金」で払拭しよう

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方

節約、貯金、節税、運用 お金の不安から抜け出す4つのキーワード

知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  維持管理維持管理

退職一時金の税金・社会保険の負担は軽い! ただ……

株式投資株式投資 |  生活生活 |  増やし方増やし方

投資情報だけじゃない!「会社四季報」裏・楽しみ方