アラサー女子が気になる「結婚費用」の理想と現実

マネラボ編集部

2018.12.06.(木)

結婚式の平均費用は?

女性にとって、結婚は人生の一大イベント。ずっと夢見ていたあんなことやこんなことを実現したい……!一度きりの結婚式を一生の思い出に残るものにしたい……!誰しもが多かれ少なかれ、そんな気持ちになるものです。

でも、理想を実現しようとすると費用もそれだけかさむことに。結婚式や新生活準備で貯金すべて使い切ってしまうと、その後の生活が成り立たなくなってしまいます。

では、結婚式にかかる費用は平均でいくらぐらいなのでしょうか。

結婚情報誌『ゼクシィ』の「結婚トレンド調査2015」によると、挙式・披露宴・披露パーティの総額は全国平均で352.7万円。招待客1人あたりの費用は5.9万円と年々増加傾向にあるのだとか。
友人の結婚式でご祝儀に3万円包んだとしても、招待する側はさらに2万円持ち出しになっている、というキビシイ現実があるようです。

でも、これはあくまでも平均額。親や兄弟、親しい友人だけを呼んでこじんまりとパーティを催したり、両家の家族だけで挙式と食事会だけ行ったりと、その選択肢はさまざまあります。最近では、ホテルや結婚式場ではなく、レストランや一軒家を借りて行うオリジナルウェディング、ハワイやグアムなどでの海外ウェディングも人気のようですね。もちろん、それもせずに入籍だけ、ということも可能。

これから結婚を考えている人は、まず結婚という2人にとっての最初の大きなライフイベントをどんな形で実現したいのかを話し合うことが大切です。

結婚式の費用を節約するコツ

人並みの結婚式や披露宴はやりたい!でも先立つものが……。そんな人は、結婚式のピークである春と秋をあえて外してオフシーズンを選んだり、土・日、祝日を外して平日を選んだりすることで価格を抑えられるかもしれません。

特にゴールデンウィークや夏休みなどに結婚式を挙げると、その後のハネムーンにかかる費用もかさみがち。休暇を取得する時期に融通がきくのであれば、結婚式とは別に、旅行代金の安い時期に合わせてハネムーンに行くと費用が抑えられます。

また、最近では、格安をウリにした結婚式・披露宴のサービスも多数登場しています。なかには自己資金は3万円で、残りの費用はご祝儀から支払えばOK!なんていうサービスも。どうしても貯金が足りない!という場合にはこうしたものを上手に活用するのもオススメです。

自治体によっては5〜10万円の結婚祝い金が出たり、商品券がもらえたりするところもあるので、調べてみてもいいかもしれませんね。

新生活にかかる費用はメリハリが大事!

そして、結婚式・披露宴と並行してまとまった出費になるのが、新生活にかかる費用です。

こちらも、お互いに実家から出て新居を構える、どちらかがそれまで住んでいた家に2人で住む、家族用の社宅を借りて住む、どちらかの実家に同居する……など、さまざまなパターンがあります。

もしも新たに借りる場合には、礼金、敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料、引越し代など、目安として家賃の6ヶ月ぐらいのまとまった金額が必要になります。UR賃貸住宅では、入籍予定もしくは入籍後1年以内のカップルであれば家賃が割引になる「LOVE得」という制度があります。こうした新婚さんならではの制度も賢く活用していきたいですね。

ちなみに、2人暮らしの平均的な間取りは2LDKといわれていますが、これも人それぞれ。住んでから「家賃の負担が想像より重い」「思ったより通勤が大変」「間取りが生活に合っていない」「掃除が大変」といったことにならないように、しっかり話し合って選ぶことが大切です。

そして、新生活にはダイニングセットやソファ、リビングテーブル、カーテンなども必要ですね。結婚式同様、こんな生活がしたい!と夢は膨らむことでしょう。

「ゼクシィ新生活準備調査2015」によると、新生活にかかった費用の平均は76.5万円。結婚式や披露宴に比べると少ないですが、それでも貯金が一気に減ってしまうことには違いありません。最初に全て揃えるのではなく、確実に必要なものから徐々に焦らずに買い揃えていくのがいいかもしれません。

結婚は、それ自体ゴールではなく出発点。これからマイホーム購入、出産や教育費など大きな出費が待ち受けています。こだわりももちろん大切ですが、2人で価値観を共有し、メリハリのあるお金の使い方をしたいですね。

年収の2割を貯蓄する!誰でも始められる法則とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」