早くも「おせち商戦」スタート!「ふるさと納税おせち」で節税も

マネラボ編集部

2018.09.13.(木)

季節は秋ですが、すでにおせち商戦は始まっています。

ネットや食品宅配業者では、お正月のおせち早割キャンペーンがはじまりました。

この、おせちですがすべて手作り派、正月はゆっくり過ごすために購入派といろんなお考えの人もいるでしょう。

1年のはじめにいただくこのおせちで節税もできることをご存じでしょうか?
詳しくご説明しますね。

おせち市場の拡大について

インターネットで「おせち」と検索すると、北海道の味覚おせち・京の伝統おせちなど、たくさんのおせちがでてきます。この通販おせち、また各地のデパートや料亭などでおせちを販売するのはもうあたりまえになりました。

皆様のご家庭ではおせちをいただきますか?

参照:「2018年のおせちに関する調査」

この調査結果では、調査対象の8割がおせち購入をして手作りは約2割にとどまっている結果がでています。

もう、日本のお正月は購入おせち市場となっているようです。

そもそもおせちはどんな料理?

おせち料理とは平安時代に宮中で行われていた「御節供」行事に由来します。

季節の節目に神様へのお供えをしていましたが、正月が1番盛大に祝うようになりその時お供えする料理を「おせち」と呼ぶようになったのが由来です。

全国各地に伝わる「ハレの日」の料理が集まり、郷土食豊かなおせちになりました。このおせちに詰める料理、一つ一つに意味があります。いろんな野菜の炊き合わせである、お煮染めは家族が仲良くいっしょに結ばれるという意味があります。

また海老がよく飾りに入れられるのは、海老の背が丸くなるところから、腰が曲がるまで健康に過ごせますようにという願いがこもっています。

お正月におせちをいただくのは、家族の健康と幸せを祈る行事といえるでしょう。
その、おせちをご自分で作りますか?それとも購入しますか?

いろんなおせちがでていますが、このおせち購入で税控除ができてしまうのです。これは「ふるさと納税」を利用するという方法です。

さとふるでおせち注文、その節税対策とは

「さとふる」ご存じですよね。

ふるさと納税サイトのことです、今や官製通販サイトという声も出るほどふるさと納税は浸透しています。

あまりに高額なお礼には最近自粛を求められましたが、同じ納税するなら全国各地の名産が手に入るのが楽しみという人が多く人気があります。

そしてこのふるさと納税のおせちで町おこしをしている自治体もあるのです。神奈川県山北町の取り組みをご紹介しますね。

参考:神奈川県山北町 寄付金額 21,000円のおせち

この山北町は人口1万人ほどの神奈川県の小さな町ですが、このふるさと納税で町おこしにという意気込みがありおせちも毎年何種類か出しています。

その結果平成29年度には寄付金額28,678件、金額にして688,477,460円という驚くべき結果をだしています。

参照:神奈川県山北町ホームページ

ご存じない方のために、このふるさと納税について簡単にご説明致します。

このふるさと納税は自分の好きな自治体に寄付をすることができ、その自治体に寄付した金額は翌年の住民税・所得税から控除される仕組みです。

いずれにしろ納税するのであれば、いろんなお礼が貰えるふるさと納税で納税しようという人が多く一気に広がった感があります。

しかし、いくらでも寄付して控除できるということではありません。ふるさと納税はご家族の構成人数、また所得金額により税控除される寄付金額が変わります。

ご興味のある方は、ご自分の年収や家族構成を入力して簡単に試算できる「ふるさと納税控除上限シュミュレーションのご案内」で入力をしてみましょう。

参考:ふるさと納税控除上限シュミュレーションのご案内

一例として年収600万のシングル方なら76,000円が控除上限額となります。76,000円以上このさとふるで寄付をすることは可能ですが、控除対象にならないのでその点ご注意が必要です。

またこのふるさと納税は所得が年金の方、自営業者には適用できません。規定があるものの、各地の名産や美味しい食品などが手に入るというメリットがあるので利用者は増えています。

このふるさと納税では毎年各地が出しているおせちが大好評で売り切れてしまうとのこと、頑張っている自治体へ寄付ができ、美味しいおせちがいただけてまた税控除もある。

かなりお得なおせちといえるでしょう。皆様は来年のおせちは何を選びますか?

楽しく選んで、美味しくいただけるおせちでお正月を祝いましょう。

年収の2割を貯蓄する、誰でも始められる法則とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • 携帯市場の楽天参入による価格競争

    詳細を見る
  • もっとラクにしてもいい 自分らしい60代の暮らし方

    詳細を見る
  • 脅迫概念に近い「お金使えない症候群」に注意 ~過ぎたるは及ばざるがごとし~

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

【衝撃】ポイントカードの実態!財布のひもを緩める売り手の「販売トリック」とは

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

忘年会のネタに!知っているとさりげなく人気者になれる記事まとめ

成功哲学成功哲学 |  生活生活 |  考え方考え方

目からウロコの「人生を変える習慣の作り方」!

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

自動販売機を設置して、利回りアップを目指せ!

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

知らないと損する「手付金」の常識