23歳新入社員のギモン。生命保険の勧誘をされたが、入るならどのような保険を選ぶべき?

マネラボ編集部

2018.08.29.(水)

「入社後、さっそく生命保険の勧誘をされたのですが、どのような保険に入ればよいのでしょうか?(23歳新入社員男性)」

「社会人になったら生命保険ぐらいは自分で入らないと」と思っても、実際にどんな保険に入ればよいのかは悩むところですよね。ひとくちに保険といっても、死亡保険、医療保険、年金保険など様々なものがありますが、独身であるならば、とりあえずは医療保険に加入することを検討すると良いでしょう。

独身はどのように医療保険を選ぶべき?

ポイントは「単品で」「終身保障のもの」に加入するということです。

死亡保障がメインの保険に特約(オプション)として医療保障がついている商品も少なくないですが、こうした商品は保険料が高く、保障額にもよりますが、毎月の保険料が1万円を超えてくるものもめずらしくありません。
死亡保障の必要額はライフステージによっても変化します。実家の両親などを経済的に支えているのでない限り、独身のうちは、死亡保障は原則不要です。

掛け捨てでよいので、特約ではなく、医療保障単品で、終身保障のものを選んで加入しておきましょう。
商品にもよりますが、23歳であれば2,000〜3,000円で加入できるはずですよ。

老後の貯蓄のために加入するという手も

さらに余裕があったら、貯蓄代わりの保険に加入することも検討したいですね。

新入社員のうちからこんな話もなんですが、公的年金だけでは老後の生活がやっていけない時代です。時間を味方につけて、早いうちから積立貯蓄をしておくと、老後がぐんと楽になります。結婚、マイホーム購入など資金が必要なタイミングで活用することもできますよ。

【この記事を読んだ人におすすめの記事】
わたしたちが払っている生命保険の内訳ってどうなってるの?数理専門家が解説!
みるみるお金が貯まる?!おさえておきたい給与明細の見方

年収の2割を貯蓄する!誰でも始められる法則とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • 増え続ける今どきコインランドリーでラク家事主婦が増えるのか

    詳細を見る
  • 不動産売買契約はここに気をつけて!確認すべきポイント3つ

    詳細を見る
  • 節約術で最も簡単な方法

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  稼ぎ方稼ぎ方

45歳会社員のギモン。妻がパートに出る時に気を付けたい「社会保険・税金の壁」とは?

ポイントを教える女性
知恵袋知恵袋 |  教育・子育て教育・子育て |  考え方考え方

【子どもの進学】入学金が予定していたより高かった!急な資金不足はどう補う?

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

会社員の夫を亡くした妻のセーフティネット「中高齢寡婦加算」

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  結婚・出産結婚・出産 |  考え方考え方

妊娠・出産時の収入の不安は、健康保険の「出産手当金」で払拭しよう

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  考え方考え方 |  貯め方貯め方

節約、貯金、節税、運用 お金の不安から抜け出す4つのキーワード

知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  維持管理維持管理

退職一時金の税金・社会保険の負担は軽い! ただ……