経済指標が相場に与えるポイントと活用方法

sarah

2018.08.16.(木)

トレードを始めて間もない頃は、
相場がいきなり急落したり急騰したりすることに戸惑うことも多いかと思います。

相場を大きく動かす要因の一つに、各国の経済指標があります。
多くのトレーダーがこの経済指標発表の数値を参考に、
相場が上がるか下がるかを予想します。
そこで、今回は、この経済指標を読み解くための基礎についてお話します。

まず、経済指標とは、各国の公的機関が発表する、経済活動を数値化したもので、主な項目としては、

【物価】
消費者物価指数

【金利】
政策金利(BOE,ECB,FOMC)等

【景気】
GDP,ISM非製造業景気指数,フィラデルフィア連銀指数、鉱工業生産等

【貿易】
貿易収支、財政収支等

【雇用】
雇用統計、新規失業保険申請件数等

等があります。

どうやって確認する?

その日、その週に発表される指標のスケジュールは、FX業者のウェブサイト等で確認することができます。特に、発表予定時間、前回、予想値、結果、重要度に注目してみるようにします。

(マネックスFXホームページより引用)

リアルタイムでは、主にスマートフォンアプリを活用します。取引用アプリには、通常マーケットニュースと経済カレンダーがついています。結果の速報は、数秒のタイムラグでマーケットニュースに流れてくるので、アプリでチェックします。アラートをセットしておくと便利です。

(マネックスFXアプリのマーケットニュースより引用))

経済指標発表のインパクト

では、この経済指標がどのように市場に影響を与えるのでしょうか。

事前に知ることができる数値は

前回値

予想値

この二つ。そして、発表後には、結果値がわかるのですが、これらの3項目の比較が、市場へのインパクトの判断基準となります。

もっとも重視されるのは、“予想と結果の差”。このギャップで、相場が大きく動くかどうかが決まります。

例えば、

結果が予想よりも良い(ポジティブ)→買われる

結果と予想が一緒→動かない

結果が予想よりも悪い(ネガティブ)→売られる

これが基本。

特に、予想と結果が大きくかけ離れた場合に、“サプライズ”として大きく動きます。米雇用統計の場合、予想と結果の乖離率が高いためにサプライズ結果となりやすいために大きく動く傾向にあります。

では、そのサプライズの時にトレードすれば勝てるんじゃないか。と思いますよね。ところが、それほど単純なものではないのです。

指標結果を信じない

指標結果が予想よりも悪かったから下へ下がるはずだ。

これは、正しい想定の仕方で、おそらくそのとおりに相場が動くことが多いでしょう。ただし、だからといって、その結果を元に上がるか下がるかを判断し、ポジションを取ることは、私はしません。

相場は、結局のところ、“行きたい方向に動く“と考えているからです。

例えば、上昇トレンドの真っ只中、サプライズで悪結果が出たとします。一瞬は大きく下振れするものの、結局はその下振れが絶好の押し目のタイミングになり、上昇トレンド継続となることがあります。

また、指標発表までの数日間、ずっとレンジ続きだった場合、“大きなイベント待ち“といって、指標結果に答えを見出すパターンもあります。指標結果を見極めた後、ようやくトレンドが発生するのです。

逆に、ずっとトレンドが続いている場合、指標結果がトレンド転換のきっかけとなることもあります。

要するに、その指標結果は、

・トレンドを加速させるのか
・トレンドを転換させるのか
・トレンドを発生させるのか
・行って来いなのか

これらを見極める判断材料として使うのです。

そして、結果をもとにその後の展開をイメージした上で、ポジションを取りに行きます。

どのようにトレードに活かすか

経済指標発表でもっとも意識しているのは、事前にポジションを持たないこと。スイングトレード(長期保有型のトレード)と違い、10−30pipsという狭い値幅を取りに行くデイトレード(短期保有型のトレード)の場合、指標のインパクトによっては一瞬のブレでストップに引っかかってしまうこともあります。そういったリスクを避けるためにも、発表前はポジションをスクエアにしています。

指標発表後にトレンド方向を確認する。そして、押し目を狙うのか、反転を狙うのか戦略を立てながら、数時間後にトレードを始める。それでも決して遅くはないですから。

ある方が、指標発表前に、ロングとショート両方に逆指値とストップロスを設定し、プラ転した(プラスに転じた)ポジションだけ利を伸ばす。という手法を公開していました。私も昔何度か試したことはありますが、大イベントの際は、スプレッド(買いと売りのレート差)が大きく開いてしまい、結局両方ストップロス(損切りライン)に引っかかって負ける。というパターンになるケースが多かったような気がします。

確かに、大きく動く指標発表前後の時間帯は大きく稼ぐチャンスです。乱高下は魅力的で、ついつい手を出したくなるもの。でも、スプレッドの開き、サーバダウン、結果に見合わない予想外の動き等を考えると、リスクの高いトレードになります。大きく負けない。確実に取りに行く。これを心がけたほうが懸命です。


出典:Amazon『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。』

知識がなくても大丈夫!はじめてのFXデビューの詳細はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

sarah

FXトレーダー・コラムニスト
2005年からFXトレーダーとして米紙ウォールストリートジャーナルやテレビ東京『ガイアの夜明け』等取材を数多く受ける。FX、仮想通貨(ビットコイン)のコラムニスト。現在は米国で子育て中。著書「わたし、すっぴんジャージで億を稼いでます」(幻冬舎)
【ブログ】「FXトレーダーSarahのFX日記」
【twitter】https://twitter.com/sarahfx1

  • 株初心者の証券会社選びのポイントを解説!

    詳細を見る
  • 潮目が変わったか?いよいよ動き出す為替相場

    詳細を見る
  • 国からお金をもらってお得にスキルアップ! 教育訓練給付金の活用

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

FXを“おトクで安心な外貨預金”に変える驚きの方法とは?

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

「期待値」で考える、FXとギャンブルの違い

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

FXで大損をする人の3つの特徴

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

〜成功と挫折〜投資を始めたきっかけとFXを選んだ理由

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

FXとビットコインの違い、それぞれのメリットとは?

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

FXのルールや儲け方は簡単に考えましょう!