FacebookやLINEで送金! SNSアカウントがあれば口座情報なしで簡単

マネラボ編集部

2018.08.07.(火)

友達同士でのお金のやり取り、ちょっと面倒に感じたことはありませんか?

直接渡せない場合であれば、自分の口座情報を相手に伝えることにためらいを持つ人もいると思います。今回は今後発展する、SNSでの送金方法についてお伝えしていきます。

口座情報なしで送金できる意外に手軽な方法と注意点をお伝えしますね。

Facebookで送金する方法

SNSの代表とも言えるこのFacebook。

世界的なSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の代表格とも言えるこのFacebookは全世界で22億人が利用しています。

このFacebookはお友達の近況を知ったりやり取りするだけでは有りません。楽天銀行とこのFacebookの連携でお金を送金することもできるようになったのです。詳しくご説明しますね。

まずFacebookアカウントを持っている方でこのFacebookで送金を利用したい方は楽天銀行の口座を開設します。

そして楽天銀行アプリ内でFacebookアカウントを連携させます。

参照:PRTIMES「楽天銀行アプリによるFacebookを利用した送金サービス」

上記の画像のようにFacebookの連携が済むとほぼ準備完了です。

ただFacebookだけでなくFacebook機能のひとつであるFacebookメッセンジャーアプリをスマートフォンでインストールする必要があります。

これは送金する時に送金相手にメッセンジャーで連絡をするためです。ちなみに送金する側は楽天銀行の口座が必要ですが、受け取り側は楽天銀行の口座がなくても大丈夫です。Facebookメッセンジャー機能で「田中さんから佐藤さんへの送金のお知らせ」が相手に届きます。

その後お金の受け取り側は、45日に以内に受け取り口座を指定して入金処理を行います。Facebookを仲介することで双方の口座情報なしで送金、入金ができるのです。

ちなみに手数料は送金先の口座が楽天銀行だった場合は無料。送金先が他行だったり、Facebookアカウントと楽天銀行の口座を連携していない場合は一律165円(税込み)の手数料がかかります。

LINE Payで送金する方法

こちらも皆様ご存じのLINEです。

このLINEも日本からはじまったSNSですが、利用者は世界で2億人を超えました。こちらのLINEでもお互いの口座情報なしで送金・入金ができます。

内容をご説明しますね。LINEにはLINE Payという機能があります。

LINE Payでできること

・LINE Payの規約に同意するだけで銀行口座やコンビニで入金チャージが可能。

オートチャージがあり、設定した金額を下回った場合自動的に口座から入金される。

・LINE Payが利用できる提携・加盟店で商品の購入代金として利用できる。

・LINE Payウォレット画面からお友達に送金できます、例えば飲み会で「会計 割り勘!

でも財布にお金がない!」という場合でもLINE Payにお金をあらかじめチャージして入れて置けばスマートに支払いができます。

この場合は受け取る相手もLINEを利用してまたLINE Payに加入していることが条件です。

支払い通知が来た後にLINE Payをインストールしても7日以内なら大丈夫です。

・LINE Payにチャージしたお金を引き出せる。
・LINEスタンプも購入できます。
・外貨の両替
・不正利用の場合の保証は10万円まで保証

お気づきでしょうか?

このLINE PayはまるでLINE銀行かモバイルクレジットカードのようですよね。

こちらの手数料ですが、チャージ・送金・決済については手数料はありません。

LINE Payにチャージした金額を引き出すときは216円の手数料が必要です。

参照:LINE Pay

SNS経由の送金、危険性は

いつも利用しているFacebookやLINE で口座情報も相手に知らせることなく、お金を支払ったり・受け取ったり出来るのは便利ですよね。

でも危険性はないのでしょうか?

モバイルでのやり取りにはちょっと不安がつきものです。

ネットで調べてみたところ、やはりAmazonやAppleと続きこのLINE にもフィッシング詐欺の警告がでていました。

この画像はフィッシング詐欺対策協議会からの引用です。

偽物のLINEトークの目印は上部の赤い丸で囲った部分のように、ログイン画面へのURLがありそのURLにアクセスするようにうながしています。

本文内の日本語に不自然な部分がある場合もあります。

このようなLINEトークからの入金催促や依頼には応じずURLもクリックしないようにしましょう。

まとめ

対面の現金決済に比べてやはり、インターネットバンキングやSNS経由の送金にはトラブルがあるようです。

しかし、今後の流れとしてはこのキャッシュレスでの支払い方法は拡大し利用が広がっていくことが予想されます。

被害を未然に防ぐにはLINE Payで大金をチャージはしないようにする(LINE Payは1回の取引の上限額が10万円と決まっており、補償金額と同一です)。

また利用した支払いなどはキチンと管理をする。悪気なく利用店舗の操作ミスなどで2重請求ということもあります。

私も経験したことがありますが、こちらから「問い合わせ」しない限り相手も真剣に調べて貰えないようです。

この場合はデビットカードの引き落とし通知がリアルタイムで同じ金額が同じ加盟店からいきなり2件来たのですぐ問い合わせしたところ、加盟店の操作ミスがすぐ判明して返金処理がされました。

便利なSNSでの送金サービスですが、限度額を決めてしっかり管理した上でないとトラブルに対応できません。現金でもSNSでもお金の管理はチェックが必要ですね。

年収の2割を貯蓄する!誰でも始められる法則とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第67話~

    詳細を見る
  • 神宮外苑いちょう祭りでストックフォト集め!

    詳細を見る
  • 相続は対策の前に「計画」から始めよう

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  使い方使い方

使わないなんてもったいない!買い物は現金より「クレジットカード」がお得なワケ

節約・貯蓄節約・貯蓄 |  生活生活 |  貯め方貯め方

銀行口座は「2つ」で決まり!貯め上手さんの口座活用術

教室
知恵袋知恵袋 |  転職転職 |  稼ぎ方稼ぎ方

こんなものまで勉強できる?!ハローワークの職業訓練

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「貯蓄1,000万円」を目指すためにやるべき3つのこと

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」