日本テレビ「ZIP!」が注目したマネー教育ゲーム『ハピプロ』に潜入!大人も反省すべき2つの大事なことを教えられた

マネラボ編集部

2018.07.26.(木)

7月23日、普段は大人たちが通うお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」に、子どもたちの明るい声が響き渡っていました。

そこで開催されたのは、ファイナンシャルアカデミーグループの「金融学習協会」が主催する小学生向けマネー教育ゲーム『ハピプロ』。

ハピプロは、「買う」「売る」「募金する」など様々なお金の役割を体験しながら、お金との付き合い方を考えるゲーム。およそ3年前にこのゲームを金融学習協会が開発し、これまで延べ計1300組の親子が参加。最近では日本テレビ『ZIP!』にもとりあげられ、今注目のマネー教育です。

今回はそんなハピプロに潜入し、親子のマネー教育事情を研究してきました!

教室は夏休みにはいった小学生たちでいっぱい!!この日は総勢72名が参加したそうです。
取材陣も多く、社会的関心度も高いことが伺えますね。

進行役は、金融学習協会の「しょうこ先生」こと、福田祥子さん。
前職は某教育番組の歌のお姉さんだったのでしょうか……。そんな印象を与えるはつらつとした明るいお姉さんです!

「それでは、ハピプロはじめていきます!
まずは、チームごとに自己紹介をしましょう。私がお手本でやってみますね!!

私は、ふくだしょうこ。小学3年生です!」

 

いやうそやん!!!!Σ(゚Д゚)

開始10分でくりだされるボケに、子どもも親御さんも笑います。

ハピプロは、親子4~6組ほどでチームを組み、机の上にある「買い物ノート」「サイコロ」「お店のボード」「商品のカード」を使って進めるゲームです。

最初に「お買い物ノート」に、どんなものを買いたいのか計画を立てます。

その後、チーム内で順番ずつにサイコロを振り、お買い物ノートに書いたほしい商品(カード)を買っていきます。書いてないものを購入するのもOKです。

ランダムで、お金をなくしてしまう「イベント」なども発生することがあります……。

最終的には、カードに書かれているハートのマーク「ハピ」を多く集めた人が勝ちです。「ハピ」は購入したカード以外にも、稼いだ売上金や、貯金額、ぼきんへの参加などによっても増えます。


まずは計画を立てるところからですね……。
私は取材中だけどアイスが食べたいな~。よし、「アイスクリーム」のカードを買おう。


これはなんだろう……。

「これは、お財布です!!透明のカップではなくお財布です~~!」

お、お財布~~!!!!

このように、油断しているとたま~にしょうこ先生のボケがヒットします。

アイテムの説明も終わったら、それぞれのチームでゲームスタート!

ゲームをはじめた子どもたちの反応は?そして親も黙ってはいられないハラハラ展開に?!次ページに続く

1 2 3>>

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

【年収300万円向け】貯金500万円を実現する3つの方法

資産運用資産運用 |  生活生活 |  考え方考え方

マイホーム購入のセオリーに当てはまらないものは買っちゃダメなの?「マイホーム購入スクール」菅沼尚宏講師に聞く

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

「時間がない」なんてもう言わせない!家事を手早く済ませる時短術5選

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

【潜入レポート】マイホームの件で嫁が鬼化!家族平和のために、マイホーム購入講座に参加してみた

資産運用資産運用 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part1

資産運用資産運用 |  教育・子育て教育・子育て |  増やし方増やし方

シングルマザーに株式投資をおすすめする理由