住宅における火災保険と地震保険、見落としがちなところ、注意したいところ

木暮ゆい

2018.07.12.(木)

最近、地震が多いですね。地震保険に加入してますか?

火災保険に加入しているので、地震保険は必要ないと思っていませんか?

火災保険の補償では、地震による災害による補償を賄うことはできません。備えあれば憂いなし、この機会にもう一度自分がお住まいの火災保険、地震保険を見直してみませんか?

火災保険と地震保険

火災保険は、損害保険商品の一つです。種類には「住宅火災保険」、「住宅総合保険」、「普通火災保険」、「団地保険」「地震保険」があります。「住宅火災保険」「住宅総合保険」「団地保険」「地震保険」は居住目的用の建物にかける保険です。「普通火災保険」は、店舗、工場、倉庫の建物およびその建物の動産が対象です。

地震保険は、地震・噴火、地震による津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。地震保険は、地震保険は国が再保険し、民間のみでは対応できない巨大地震発生の際にも対応できるようにしています。

火災保険、地震保険の補償の対象となるもの、ならないもの

火災保険の中でも「住宅火災保険」「住宅総合保険」「団地保険」ですが、この3つの保険は一見同じように見えても実は大きな違いがあります。その大きなものが「補償」です。落雷、破裂、風災、ひょう災、雪災による損害の外、失火見舞い費用、損害防止費用などの諸費用についても補償されるのは同じです。ただ、「水災、盗難」に対する補償が異なります。詳しくは下記のとおりです。

・住宅火災保険・・・水災、盗難は対象外
・住宅総合保険・・・住宅火災保険よりも補償対象が広い。水災、盗難も補償の対象。
・団地保険・・・水災は補償されない

またこれらの火災保険に共通するのは「地震・噴火・津波などによっておきた火災は補償されない」ことです。地震で発生した損害については別途地震保険に加入をする必要があります。

では「地震保険」では地震で起こった損害すべてが補償の対象になるかというとそうではありません。「住居となる建物」「住居となる建物の中にある家財などの動産」です。さらに注意をしなければいけないのは、「住居となる建物の中にある家財などの動産」すべてが地震保険の補償の対象とはならないことです。

補償の対象とならない主なものは、下記のとおりです。

・「自動車」
・「住居でない建物」
・「貴金属、宝石、骨董で、1個または1組の価格が30万円を超えるもの」
・「有価証券」
・「通貨」

中でも「自動車」は火災保険でも補償の対象外になっています。台風や大雨による住居となる建物の浸水によって自動車が被害にあった場合でも、自動車は補償の対象ではありません。台風、大雨などによる自動車の被害の補償は、「自動車保険」にて補償されます。ただし、自動車保険でも台風や大雨の時の被害は補償をしても、地震、噴火が原因となる自動車の被害の補償をしていない保険会社もあるので要注意です。

火災保険と地震保険で注意したいところ

火災保険と地震保険で注意をしたいところは下記の主な3つです。

自宅の加入している火災保険がどの種類かを確認する

住宅火災保険と住宅総合保険では、補償の範囲が異なります。自分の加入している保険が「住宅火災」か「住宅総合」か必ず確認することです。

 ②地震保険は、火災保険と一緒に加入する

地震保険は原則単体で加入することはできません。火災保険とのセットです。

③補償の内容

自分が居住用の建物で保有している動産類をチェックして、それにあった補償がある保険を選択することです。幸い、今はさまざまな保険商品があります。口コミ、ネット、FPへの相談などで自分の住まいにあった保険商品を選択することが重要です。

保険料控除と保険金の割引制度

火災保険は保険料の控除にはなりません。平成19年1月に火災保険料控除はそれまで加入済みの長期保険を除き廃止されました。その代わりに、平成19年度より「地震保険料控除」が新設され、地震保険については保険料控除の対象です。所得税が最高5万円、住民税が最高2万5千円です。年末調整や確定申告で控除されます。

地震保険料の保険料には割引制度があります。建築年割引、耐震等級割引、免震建物割引、耐震診断割引の4種類で、耐震性能、建築年によって割り引かれるパーセンテージが異なります。

構造は、柱や工法、耐火建築物、準耐火建築物、省令準耐火建物にて区別をします。補償の対象となる建物が、災害にどれだけ強いか判定するためです。

備えあれば憂いなし 

地震が多いこの機会に火災保険の見直しと地震保険の加入をおすすめします。地震保険は保険料控除もありますし、割引制度もあります。何よりも国の再保険制度であることが心強くもあります。備えあれば憂いなしです。どの保険が自分のニーズにあっているかについては、ネットの比較サイトやFPへの相談などをおすすめいたします。

最後に今回の地震にて被災された地域、皆様の一日も早い復興をお祈りしております。

住宅購入で使える7つのメソッドが学べる!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

木暮ゆい

宅地建物取引士。株主優待中心の日本株、海外高配当株、債券、投資信託、純金、プラチナ、銀積立、ソーシャルレンディング等に投資中。最近では優待クロスでの株主優待品を取得と、ふるさと納税に夢中です。

こんな記事も読まれています

資産運用資産運用 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part1

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

マイホーム持ちなら人生で3回は訪れる「あの書類」と向き合う瞬間

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

後悔を感じたら時すでに遅し・・・マイホーム購入の大事なポイント

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  使い方使い方

マイホームは戸建て?それともマンション? 比較すると見えてくる、マンション購入の注意点!

マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  使い方使い方

購入か賃貸か・・・マイホーム購入永遠のテーマで失敗しないポイントはこれだ!

資産運用資産運用 |  住宅購入住宅購入 |  増やし方増やし方

マイホームか賃貸かを見極める「200倍の法則」とは?