ビットコイントレンドの分かれ道

kiccl

2018.06.22.(金)

近年のチャート推移は?

20185月末時点ビットコインチャート(USD)

コインチェックのXEM流出事件が起きてから仮想通貨界隈が冷え込んできています。ビットコインチャートを見てみると2018年1月から5月まで下落トレンド。年間チャートでみると大きなサポートライン(オレンジ線)付近を推移しており、サポートラインを割り下落トレンドに入るか、反発して上昇トレンドに転じるか注目時期になってきています。1ビットコインが6000ドルを割り込んでしまうとかなりピンチな状態に!

サポートラインに接しているので押し目買いの絶好のチャンスではあるものの下落トレンドに転じるリスクを頭の片隅に置いて慎重にトレードしましょう。

ウェブボット・人工知能の予想は!?

ウェブボットとはクリフハイ氏が作成した仮想通貨の未来を予測する人工知能です。SNSから仮想通貨に関する情報を収集して将来を予想します。仮想通貨だけに限らず今後はこういった未来を予測する投資人工知能が流行るかもしれませんね。

2018年5月時点でのウェブボットの予測を見てみましょう。

1:ビットコイン2018年末までには10万ドル達成。
2:中国規制が強化。
3:夏頃に仮想通貨に革命が起こりビットコインが世界で注目されるように。
4:仮想通貨人口が今までの約10倍に。

ウェブボットは1ヶ月99ドルでややお高めな値段設定!有料より精度は落ちるかもしれませんが無料で見たいという方は「ウェブボット 最新」で検索してみてください。日本語訳が出てきたりするので便利です。

参考:web bot

twitterでフォローする場合はtwitter検索画面で「#ウェブボット」と入力して検索すれば最新のつぶやきをリアルタイムにフォローできます。

ビットコインは本当に普及するのか?

ビットコインは送金手数料が安いという売り文句で日本円などの法定通貨より優位性が強調されてきました。

筆者はLINE PAYを使い始めるようになりましたがとても便利。手数料がかからずにLINEに登録されている友達なら送金可能で、買い物もできます。割り勘も簡単。

銀行と連携しておけばすぐにチャージ可能。本来ビットコインなどの仮想通貨が実現すべき未来像がLINE PAYなどのアプリでどんどん実現されています。

ビットコインは非中央集権型で開発と管理をする組織がなく、ひとつアップデートをするだけでも様々な利権が関わっているのでなかなか進みませんでした。

イーサリアム、リップルなど少なくとも管理と開発をするチームがなければ日常生活で使える通貨として機能することは難しいのではないでしょうか。

まだまだ投機、ギャンブル的要素が強く便利なサービス開発が行われなければLINE PAYなどのサービスにどんどんその座を奪われていくでしょう。

くれぐれも全財産を仮想通貨に投入しないように注意が必要です。

お得な銘柄を選べる目を養う!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

kiccl

30代男。2015年より資産運用についてのセミナー活動を開始し、兼業投資家として「年率5%で手堅く損しないための運用方法」を自身の経験とともに伝えている。特にビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に精通しており、いち早くその成長性に目をつけ投資活動、セミナー活動を実施している。自身も株・FX・債券・仮想通貨など幅広く資産運用を手掛けている。

  • コロナウイルスで外出を控えたい!そんな時は自宅でお金の見直しを

    詳細を見る
  • 大学生で株をはじめるべき5つのメリットと、2つの注意点

    詳細を見る
  • 50代後半からの株式投資で資産作り

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

株との違いに注意!ビットコインなど「仮想通貨」の税金は?

株式投資株式投資 |  生活生活 |  増やし方増やし方

5年で資産10倍に。株式投資初心者は、いつでも「今」が始めどき。

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  増やし方増やし方

新常識!経済新聞から「上がる株」を見つける方法

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

小学生でもわかるビットコイン① ママ、僕ビットコインが欲しい

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  増やし方増やし方

現状のNISAに満足? NISAを使って利益を出した人はどれくらいいる?

投資信託・NISA投資信託・NISA |  生活生活 |  考え方考え方

「はじめての人のための3000円投資生活」を読んで家計再生にチャレンジ