【特別掲載】手持ちのお金がなくても投資できる、これが不動産投資のメリット~お金の教養フェスティバル2018講演~

マネラボ編集部

2018.05.31.(木)

ファイナンシャルアカデミー認定講師、菅沼尚宏さんが不動産投資に成功し、資産を築くまでのストーリーです。

43歳で投資を学びはじめた菅沼さんは、自分の描いたシナリオ通りに5年で不動産投資による収入を得て、サラリーマンをリタイヤすることに成功しました。

そんな菅沼さんは、不動産投資がサラリーマンリタイヤに向いている投資である理由として、「資金がなくてもはじめられる」をあげています。

========(以下、菅沼尚宏さん講演)========

お金がなくても不動産投資ができるわけ

不動産投資は資金がなくてもはじめられる。これが非常に不動産投資の大きなところなんです。多分多くの方がこういうふうに思っていると思います。お金がないんですよと。やりたくてもお金がないんですよ。

そういう方は是非、融資について考えてみて下さい。例えばこんな物件があります。首都圏の中古アパートです。首都圏がどのへんか。例えば、ちょっと23区から離れましょう。私が住んでいる千葉県の船橋市とか、ちょっと外れて木更津とか、埼玉だったら大宮とか。神奈川でいうと小田原とか、そういうのでいいでしょう。そういったところの、首都圏まわりの中古のアパート。これを購入するんです。価格は4,300万円くらいです。

そして、利回りと書いてあります。これは、物件価格に対して年間家賃収入、どれくらい稼いでくれるかという数字なんですね。

一応この不動産投資スクール、私が担当している不動産投資スクールでは、利回り、10~12%を目標にしましょう、と言っています。例えばじゃあ、もしも12%の物件を手に入れることができたら、どのくらいの家賃を稼いでくれるかというと、こうなるんです。年間516万円家賃を稼いでくれるんですね。

でも、お金がないんです。購入価格の4,300万円をどうするか。ローンを組むんですね。ローンを組むと、例えば4,300万円のローンを組んで、金利2%。期間が30年のローンを組むと、返済金額が260万円になるんです。

年間に516万円入ってきて、ローンを返済するのが216万円、引きましょう。引きます。これが毎年のキャッシュフローなんです。手元に残る現金が256万円になる、と。こういうことなんですね。難しく考えることはないんです。

手元に256万円が残るということは、例えばこんな物件を2つ手に入れましょうよ。1つの物件で280万円、280万円、足すと560万円手元に残るんです。今年収が500万円の方。例で挙げたような物件を2つ持てば、年収を超える家賃収入が得られるんです。

「ピンチをチャンスに!不動産を学びたい方必見!」

▶▶▶次ページに続く

1 2>>

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • 手取り15万円の人が『貯金100万円』を叶えるためにすべき3つのこと

    詳細を見る
  • 脳の老化の原因になる「脳過労」とは!?

    詳細を見る
  • 損切りしないで勝てるのか

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

家賃交渉成功
マイホーム・保険マイホーム・保険 |  住宅購入住宅購入 |  考え方考え方

家賃交渉テクニック〜あなたは家賃を払い過ぎていませんか?〜

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

ベテラン不動産投資家は、こうして物件を探す

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

知っておきたい「登記簿謄本」の読み方

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

オーナーが絶対入っておきたい「施設賠償責任保険」

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

「ワンルームマンション規制」の現状と未来

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

不動産投資の重要指標「ROI」を考える