死亡保障の保険選びはココに注目!

添田享

2018.05.10.(木)

今回からは、万一の際の保障のための保険選びについてご説明させて頂きたいと思います。

保険の世界で「万一の際」というのは、一般的に死亡した場合のことを指します。そのまま「死亡」という言葉を使うと、あまり印象が良くないからだと思います。

ご家族がいて自分の収入で養っている場合、自分が死亡した後の収入について心配になりますよね。普段の生活費や住宅ローン、お子様の教育費など、ご家族に必要な支出をどのように賄っていくかです。このようなときは保険を活用することが一般的ですよね。

定期保険

まず、死亡を保障する保険商品の定番として「定期保険」があります。これは、一定の期間(保険期間)に亡くなられた場合に、一定の金額(保険金額)が支払われるものです。

保険期間は60歳までや65歳までなど、ご自分が働いて収入を得ているであろう期間とすることが一般的です。この間に亡くなられた場合は、保険金額がご家族などの保険金受取人に支払われるわけです。また、保険金額は一定で、いつ亡くなられても同じ保険金額が支払われます。保険に加入したての若い頃に亡くなられても、保険期間の終了に近い高年齢で亡くなられても、同じ金額が支払われるわけですね。

そこで、保険期間の終了に近づいている高年齢と、保険に加入したての若い頃と比べて、死亡時に必要な金額は同じでしょうか。若い頃はまだ住宅ローンが多く残っていたり、また、これからお子様の教育費がかかりますが、その一方、高年齢になると、住宅ローンの残債が少なく、また、お子様が社会人として独立されているケースも多く、年齢を重ねるごとに、自分が死亡した際に必要な金額が少なくなることが予想されます。

そうすると、定期保険のように保険金額が一定のものは、どうも都合がよくありません。一定になっていることで、若い頃はその保険金額では足りなく、高年齢では必要以上の保険金額となることもありバランスに欠けるわけです。このようなこともあり、最近では、死亡保障の保険として、定期保険が活用されることは少なくなってきています。

そこで、若い頃に亡くなられた場合には保険金の受取額が高くなり、また、高年齢で亡くなられた場合は保険金額が低くおさえられている収入保障保険というものがあります。

次回は、その収入保障保険の特長についてご説明させて頂きます。

最後に付け加えさせて頂きますが、自分が死亡した後のご家族の必要な支出として住宅ローンを挙げましたが、通常、民間金融機関から住宅ローンを受ける場合は、団体信用生命保険という保険の加入が必須となっており、もし亡くなられた場合は、金融機関が保険金を受け取りローンの残債に充てることで、ローンの返済が完了することになります。ですので、既に団体信用生命保険に加入されている方は、自分が死亡した後の必要な支出に住宅ローンを考える必要がないわけですね。

ただ、住宅金融支援機構のフラット35などでは、団体信用生命保険に加入しなくても住宅ローンを受けることができますので、その場合には気を付ける必要があります。

【前回の記事はこちら】
「確定拠出年金(iDeCo)」のデメリットを詳しく解説

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

添田享

日本アクチュアリー会正会員、日本証券アナリスト協会検定会員。1級DCプランナー。アクチュアリー・ゼミナール講師。大学、大学院で数学を専攻し、大学院修了後、アクチュアリー候補生として信託銀行に入行。その後、証券会社、生命保険会社などで一貫してアクチュアリー業務に従事。
アクチュアリーの中でも、生保アクチュアリー、年金アクチュアリー双方で業務経験が豊富である数少ないアクチュアリー。現在は、アクチュアリーの業務経験を活かして、アクチュアリー試験などの金融関連資格の講師、数学の講師など幅広い分野で活躍。

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第51話~

    詳細を見る
  • それって会社都合になるかも! 知らないと損をする失業保険についてのあれこれ

    詳細を見る
  • 投資信託のはじめ方!口座開設から利益が入金されるまでの6ステップ

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

【衝撃】ポイントカードの実態!財布のひもを緩める売り手の「販売トリック」とは

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

堀江貴文と邱永漢から見る!今すぐ実践できる「お金持ちの財布」管理術

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

忘年会のネタに!知っているとさりげなく人気者になれる記事まとめ

成功哲学成功哲学 |  生活生活 |  考え方考え方

目からウロコの「人生を変える習慣の作り方」!

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

自動販売機を設置して、利回りアップを目指せ!

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

知らないと損する「手付金」の常識