アメリカ雇用統計が重要な理由

角野實

2018.01.29.(月)

株式投資やFX、ビットコインの投資をやっている方には、なぜ、雇用統計が重要なのかわからない、という方が多いと思います。

今回は、雇用統計がなぜ、大事なのかのお話しとその見方の話をして参りましょう。

来月の雇用統計は悪い?!

アメリカ雇用統計というのは毎月一回の発表で、月初の金曜日に発表されます。アメリカには夏、冬時間があり季節によって発表時間は異なりますが、証券市場のオープン前に発表されるのは日本の経済指標と一緒です。

次回は2/2の金曜日の発表になりますが、答えを言ってしまうとまず間違いなく先月よりも悪くなる可能性が高いでしょう。

そもそもアメリカ雇用統計って何?

アメリカの雇用統計が重要視をされる理由というのがわからない、大多数の投資家のみなさんのご意見になると思います。不思議に思っているけど、だれもその説明をしてくれない、と思う方も多いと思います。

かんたんな話、みなさん、お金を稼ぐのに一番ポピュラーなのはどこかお勤めをして、そしてお給料をもらうことですよね。つまり誰かに雇っていただいてその結果、お給料をもらうことです。だから雇用の情勢、つまり雇用統計は経済の状態を計測するのに必要なことなのです。

少し知っている方は非農業部門の新規雇用者数というのを注目されていると思います。でも、そのほかにも、平均賃金、週の稼働時間、労働参加率、失業率なども発表されているのです。つまり、新規の雇用者数がわかれば、その新規に雇用された人たちのお給料をかけ合わせれば、アメリカ全体での私を含めたみなさんのお給料総額はわかってしまいます。

それだけ、お給料の支給が増えれば、その何割かは、消費、つまりお買い物に回りますので、アメリカの経済がよくなります。つまり新たに雇われた人が何人いるかによって、どれだけアメリカの経済がよくなるかもわかるのです。だから注目されるのです。

なんだかよくわからない、という方のためにもう少し説明すると、アメリカの場合は、個人消費が国の稼ぎの7割を握っていますので、この動向を把握することが非常に大事なことなのです。

もっとかんたんにいえば、アメリカという国は個人が儲かっていなければ、アメリカという国は栄えないのです。だから、重要なのです。

【この記事を読んだ人におすすめの記事】
トランプノミクスで今後の株価はどうなる?

なぜ、2月の雇用統計は悪いのか?

アメリカというのは何倍、日本の国土よりも広いかはよくわかりませんが、日本よりは広いことは確かです。

だから、日本の北海道と沖縄がまるで気候が違うのと一緒で、アメリカは日本よりも南北の生活スタイルがまるで違うのです。

たとえば、1月の下旬というのは寒いですよね。寒いと、暖かいお部屋から出たくありませんよね。アメリカのアラスカなどに住めば、もう凍えてしまうくらい寒いですよね。そんなときにきょうもお金を稼ぎにいくか、猛吹雪、大雪の中、積極的に行こうと思いませんよね。ところが南部のフロリダの人は少し寒いけど、がんばって働こうか、となるのです。

となると、雪の地域の稼ぎはどうなりますか? 悪くなりますよね。アメリカは日本と違い、冬場は個人が動く人が少なくなるので稼ぎは少なくなるのです。

また、年末商戦で、イオンなどがやっているブラックフライデーというのを聞いたことがありますよね。年末は日本と一緒で、最大の商戦になります。つまり一年で一番売り上げが上がるのです。その時に雇用はどうなりますか? 増えますよね。

でも、1月は? 冬だからこたつでぬくぬくしていたい、というあなたとアメリカ人も一緒なのです。そのときに商売が繁盛するか? といえばする訳ないですよね。だから2/2発表の新規雇用者数は先月よりも減少する可能性が高いのです。

専門的な話をすると、失業者保険申請者数がリーマン以来過去最低と言いますが、これは4週平均でみなければいけないものです。4週平均はダウントレンドを脱して底打ちの気配があります。また、各連銀の景況感指数で雇用が悪化しているのがほとんどになりますので、ほぼ間違いなく雇用統計はそれほどよくありません。

経済がわかれば未来が変わる「経済入門スクール」はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

角野實

元・金融機関営業マン。10年間セールスの道を究め、トップセールスにのぼりつめる。同時期に外国為替証拠金取引(現在のFX)の開発と営業に取り組み、FX投資家としても利益をあげる。現在は投資顧問会社、オーナー、栃木県那須町にてセミリタイア生活中。「人格が相場への影響が甚大であること」を心がけながら、日々作家活動に励んでいる。

  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第67話~

    詳細を見る
  • 神宮外苑いちょう祭りでストックフォト集め!

    詳細を見る
  • 相続は対策の前に「計画」から始めよう

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

株との違いに注意!ビットコインなど「仮想通貨」の税金は?

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

5年で資産10倍に。株価が上昇トレンドの今は、初心者がはじめやすいとき

経済トレンド経済トレンド |  生活生活 |  増やし方増やし方

新常識!経済新聞から「上がる株」を見つける方法

知恵袋知恵袋 |  生活生活 |  考え方考え方

小学生でもわかるビットコイン① ママ、僕ビットコインが欲しい

資産運用資産運用 |  生活生活 |  増やし方増やし方

現状のNISAに満足? NISAを使って利益を出した人はどれくらいいる?

成功哲学成功哲学 |  生活生活 |  考え方考え方

「はじめての人のための3000円投資生活」を読んで家計再生にチャレンジ