切っても切り離せない、不動産投資家と健康の話

城山剣吾

2017.10.31.(火)

皆さんこんにちは。
ファイナンシャルアカデミー 『不動産投資スクール』 講師の城山剣吾です。

ファイナンシャルリテラシーと健康に対する意識は比例している

暑さの厳しい夏も終わり、過ごしやすい秋の季節がやってきました。

日本は春夏秋冬という四季の素晴らしさを楽しみながら一年を過ごせますが、その中でも食べ物も美味しく、素晴らしい紅葉の景色を楽しめる秋。私が一番好きな季節です。

この様に純粋に四季を楽しめるのも、自分自身が健康に毎日を過ごせているからですよね。

この「健康に毎日を過ごせている」という感覚、10年前の私にはありませんでした。

10年前と言えば、ちょうど私が不動産投資をスタートした時期。当時の私は若さも影響していると思いますが、「体が健康である」という事はある意味当たり前で、食生活への配慮などには全く関心がありませんでした。

しかしこの10年間で、私の健康に対する意識は各段に上がりました。

何故でしょうか?

それは不動産投資でファイナンシャルリテラシーがステージアップすることで、お金の扱い方が変わってきたのと同時に、自身の健康の大切さも考える様になったからだと思います。

ファイナンシャルリテラシーのステージが上がるということは、大きく捉えると人生のビジョンをしっかりと描きながら生きていくことを意味します。そうすると、自身の年齢や身体の状態についても自覚と意識が自然と芽生えるのです。

このステージアップを経験すると、ファイナンシャルリテラシーと健康に対する意識は比例しているなとつくづく感じます。

【この記事を読んだ人におすすめの記事】
2017年からスタート! セルフメディケーション税制とは?
一流の人は◯◯のメンテナンスを欠かさない?

不動産投資は長期的なビジョンを描いていく投資

私は『不動産投資スクール』で「いつまでにどうなりたいかを明確に描く」ことを毎回お伝えしています。

これは上述した「人生のビジョンを描く」ということを意味します。

例えば私の場合。私には3人の子供がいますが、全員の教育費がどのくらい掛かるのか。
その教育費がピ―クを迎える時期はいつ頃か。
そして家族が不自由なく暮らしていくには、毎月どのくらいのキャッシュが必要なのか。

こんな点を意識して、長期的なビジョンを見据えながら「いつまでにどうなりたいのか」を常に考えています。それに向かって進んでいくことで不動産投資家としてもステージアップしていけるのです。

そして、そのビジョンを描くうえで考えなければならないのが「自身の健康」です。
自分が健康な状態でないと、いくら明確なビジョンを描いたとしても全ては水の泡となってしまいます。

不動産投資家はタフな体力も時には武器になります。何をするにもそうですが、健康の維持管理は極めて基本的なことですね。

不動産投資と共に充実した人生を送るには

ところで皆さんは「健康寿命」という言葉をご存知でしょうか。健康寿命とは“健康上の問題が無い状態で日常生活を送れる期間”のことを言います。

例えば男性の現在の平均寿命は約80歳ですが、健康寿命は約70歳と言われています。

これはあくまで平均値なので、全員が70歳を機に支援や介護が必要になる訳ではありません。逆に今から健康を意識していけば、自身の健康寿命はもっと伸ばす事ができるでしょう。
ぜひ、この健康寿命という部分も意識して不動産投資のビジョンを描く事をお奨めします。

余談ですが、洗練された不動産投資家の懇親会に参加すると、喫煙者がとても少ないことに気が付きます。
今でこそ日本全体で禁煙活動が推進されていますが、この推進が始まる以前から優秀な不動産投資家ほど喫煙しない傾向がある気がします。この点から観ても、ファイナンシャルリテラシーの高い人は健康の意識も高いことが伺えますね。

不動産投資の成長過程を楽しみ、そして自身が健康であり、健康寿命を自覚していかに人生を謳歌するか。不動産投資を進めていくうえでの「健康」、皆さんもぜひ意識して欲しいと思います。

……と言っている私ですが、美味しい料理や美味しいお酒が大好きなので、摂生のコントロールと日々格闘中です(笑)。

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

城山剣吾

ファイナンシャルアカデミー認定講師。「不動産投資スクール」で教壇に立つ。東京都出身。メーカー系企業勤務、エンジニア業に従事。就職して数年後、不況の煽りを受け週4日出勤・給料も20%カットという状態に陥り、サラリーマンという立場に大きな不安と疑問を感じ始める。ほどなくして「会社に頼らず、自力で稼げるようになろう」という想いが強まり、当時注目され出していたYahoo!オークションに目をつけ副業を開始。これが軌道に乗り約900万円の利益を上げる。この資金を使って不動産投資の勉強を本格的にスタート。2008年に収益用の区分所有を購入。以降は一棟物件にシフトし、RCマンション、木造アパート、重量鉄骨造マンションなど計四棟を購入。現在の年間家賃収入は約2200万円。

  • 手取り15万円の人が『貯金100万円』を叶えるためにすべき3つのこと

    詳細を見る
  • 脳の老化の原因になる「脳過労」とは!?

    詳細を見る
  • 損切りしないで勝てるのか

    詳細を見る