誰も教えてくれないお金の深い寓話④ 〜無人島に持って行くとしたら 仮想通貨編〜

ルウ・ハイアン

2017.08.02.(水)

前回の記事『誰も教えてくれないお金の深い寓話③~無人島に何を持っていく?~』の続きです。
僕とAさんの会話は「無人島で暮らした2人の男の話」から、「お金に価値を与えているものはなにか」を探る展開になりました。

最初から読みたい人はこちら▶『誰も教えてくれないお金の深い寓話~良い借金と悪い借金~』

お金に価値を与えているのは国ではなく……

「お金に価値を与えているものはなんだと思う?」

お金持ちのAさんは、僕に尋ねました。僕はしばらく考えてから答えました。

「そりゃ国家じゃないですか? 国家がお金を刷ってますもんね。国がお金の価値を保証してるから、僕らはお金を安心して使える」

「そうかい? それならコレを君にあげるよ」

金持ちのAさんは僕に向かって、ポケットのコインを投げました。

「わ、ありがとうございます!」

ところがよく見てみると、そのコインは見慣れない文字が刻まれた外国のコインでした。

「お土産だよ(笑)」

「でも、日本じゃ使えなさそうですね 」

「その国では使えるよ」

「まぁ、そうですけど……。僕はこのコインの国に行く予定がないから、使いようがないじゃないですか」

「そのお金はね、あるアジアの小国で実際に使われている貨幣なのに、君はいらないという……じゃあ、価値を与えられる国と与えられない国があるということかい?」

「えー、いじわるな質問だなぁ。このコインにだって価値はありますよ。でも銀行じゃ、コインの両替はしてくれないし、交換してくれるところがあったとしても、そこに行く交通費分で足が出ちゃいますよね、たぶん」

「なんかチグハグだね。じゃあ、さっきの質問の答えをいうよ。お金に価値を与えてるのは、国じゃなくて『信用』だよ」

信用があるから『仮想通貨』が成り立つ

「Aさんと話していると、信用というキーワードがよく出てきますね。そんなに大事なんですか?」

「そうさ。『信用』は、この世界で生きていくのに一番大事なものだといえる

「無人島でも?」

「そう、無人島でも必要なんだよ。人同士が暮らしていくためには、信用は必ず必要になるんだ。どんな原始社会であっても信用がなかったら、社会は成立しない」

「でも、正直な話、無人島でお金に価値を見出せないと思うんですよね。それよりも、食べ物とか衣服とかが価値があるというか」

「そうだね、君はある意味正しい。だから、僕も無人島にこの国で使えるお金を持っていこうとは思わない。流れ着いた2人が合意して使えて、信用を可視化できるもの、それをお金と呼ぶんだと思うよ。その場合、材料は貝殻でも紙でも何でもいいと思うんだ。複製がしづらくて、劣化しないものであれば」

「そういう意味だったんですね」

「その社会の参加者が合意形成して、価値を認めて信用し、複製しづらく劣化しないものであれば、なんでもお金になりうるんだよ。だから、最近は特定のプログラムが『仮想通貨』という名前で、お金としてやりとりされている。誰も直に触ったこともないのにね」

「僕も知ってますよ、仮想通貨。でも、どうして大金を投資できるのか、僕にはわからないですよ。だって誰も価値を保証してくれてないんですよ」

「……そう、誰もね。そのシステムに人間は介在しないんだ。人間は介在しないから、信用されているとも言える。人間が保証すると、恣意性(思うままに誰かの都合によって物事が左右されること)に委ねることになる。つまり人間は信用ならないってことさ。皮肉なものだね」

「なんだか、壮大な話になりましたね」

僕は物思いに耽るお金持ちのAさんの元を離れて自宅へと歩き始めました。ポケットにはさっきもらった外国のコインがありました。僕はそれを取り出すと、親指でピンと跳ねて、空中を回転させて手の甲で受け取りました。
ゆっくりと片方の手をどけると、誰だかわからないけど、おそらく立派な人の横顔が彫られた面があらわれました。

「あ〜、裏かぁ。表だったら帰りにコロッケでも買って帰ろうかな、と思ったんだけどな〜」

街は夕暮れ色にすっかり染まっていました。僕はそのまま家路を急ぎました。
これは僕ができる一番有効な外国のコインの使い方でした。

さて、みなさんは、Aさんの話を聞いて何を感じましたか。

前回の話はこちら▶『誰も教えてくれないお金の深い寓話③~無人島に何を持っていく?~』
最初から読みたい人はこちら▶『誰も教えてくれないお金の深い寓話~良い借金と悪い借金~』

ルウ・ハイアン

文筆家・歴史家として各メディアに寄稿。投資家としての側面も持ち、投資界隈の話題には事欠かない。また経済のトピックを誰にでもわかるように話す技術には定評がある。映画や書籍、または海外ゴシップにも精通している。日本語の他に、中国語・英語も堪能。

  • 意外と知られてない「医療費控除」。実はこんなケースも対象だった!

    詳細を見る
  • 【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part2

    詳細を見る
  • 【緊急】今月ピンチ!生活費が足りない時の乗り切り方を教えます!

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

知恵袋 知恵袋 | 生活 生活 | 使い方 使い方 |

意外と知られてない「医療費控除」。実はこんなケースも対象だった!

住宅購入 住宅購入 | 増やし方 増やし方 | 資産運用 資産運用

【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part2

悩む女子
考え方 考え方 | 生活 生活 | 節約・貯蓄 節約・貯蓄 |

【緊急】今月ピンチ!生活費が足りない時の乗り切り方を教えます!

考え方 考え方 | マイホーム・保険 マイホーム・保険 | 住宅購入 住宅購入

中古住宅『ストック住宅』のメリット・デメリットとは?おトクな購入方法も!

考え方 考え方 | 定年後・老後 定年後・老後 | 定年後・老後 定年後・老後

入院1000日保障の医療保険にはカラクリがある!?

生活 生活 | 増やし方 増やし方 | 資産運用 資産運用

お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第26話~