人生100年時代「年金受給開始年齢」70歳超も選択可能に

マネラボ編集部

2018.04.15.(日)

年金受給は60歳から70歳まで受け取る時期を選択することが可能ですが、平成30年2月16日に閣議決定の「高齢社会対策大綱」によると、70 歳以降の受給開始を選択可能とするなどの、制度の改善に向けた検討を行っていくことになるようです。現行制度では、70歳で年金を受け取る場合は月額42%受け取り額が増えますが、今後は70歳以降に受給開始をする選択ができることになっていくと考えられます。大綱では、高齢者の体力的年齢が若くなってきている現状や、65 歳 以上を一律に「高齢者」と見る一般的な傾向は、現状に照らせばもはや、現実 的なものではなくなりつつあることを指摘。70 歳やそれ以降でも、個々人の意欲・能力 に応じた力を発揮できる時代が到来していることを受けた環境整備を行っていくとしています。

引き上げると「おトク」な年金開始時期

受給開始年齢は、60歳まで早めたり、70歳まで遅らせたりすることができます。引き上げをすることで支給率はあがり、月額の年金を多くもらうことが出来ます。現在引き上げることができる上限の70歳で受給をスタートした際には、受け取り金額が42%増額となります。

例えば現在、40年間、国民年金に加入した場合の基礎年金(平成29年度)は、引き上げも引き下げもしない65歳からの開始で月額6万4941円ですが、60歳に受給を早めれば約4万5459円、70歳に遅らせれば月額9万2216円になります。高齢化社会の中、長生きする高齢者が増えている現状もあり、長い目で見れば繰り下げて年金を受給することで、「おトク」に年金を受け取ることが出来る点は魅力です。

70歳を過ぎて働くことが可能な雇用整備を

高齢社会対策大綱・別表によると、60歳以上の就業率は、高齢者を雇用する企業の雇用整備の成果からか、徐々に高くなってきたように思われます。平成28年度の就業率は60〜64歳が63.6%、65〜69歳が42.8%、70〜74歳が25%、75歳以上が8.7%と、定年の多くが60歳だった頃に比べると、60歳以上の活躍が見て取れます。平成25年度の「改正高年齢者雇用安定法」によって60歳の定年が引き上がる動きが加速し、高齢者が働きやすい雇用整備が進んできたことも大きいと思われます。

実績のある社員が高齢になりOBや役員として活躍

企業の中には積極的に高齢者を採用する動きもが増えています。但し高齢者といっても、その業界での経験が豊富で、企業側においても起用のメリットがあるケースに限るのが現状です。長年同じ会社で勤務してきた実績のある社員が高齢になりOBや役員として活躍している企業も多く、高齢者を起用することで社内のモチベーションが上がったり、更には相談役となり会社の大切な任務を請け負ったりするなど事例は様々ですが、新人教育などの研修を担当する高齢者活用の例もあるようです。

高齢者が充実した老後を生きていける世の中に

多くの企業で経験や意欲のある高齢者を採用する動きはありますが、今後はより一層の対応に注目が集まります。医療の進歩によって高齢者が長生きできる世の中になりつつなる中、このように年金に関しても受け取る時期を見直すことで、老後を更に充実させることが出来るのです。計画的に年金を受け取り、老後のプランを立てる方も増えています。

70歳でもらう年金

70歳で年金を受け取ることで、40%以上も多い金額を受け取ることが出来るのは、平均寿命を考えた時に時代に合っていると思われます。更には70歳を超えても働ける社会作りや、企業の雇用整備も急務で、定年退職が60歳であることが一般的でしたが、今後は70歳まで引きあがっていくのかもしれません。

【この記事を読んだ人におすすめの記事】
『貯金1000万円以下でも老後は暮らせる!』に学ぶ 老後の試算ポイント

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • 損をしない土地(用途地域)選び

    詳細を見る
  • 老齢年金が最大42%も増額に! 老齢年金の繰下げ受給とは?

    詳細を見る
  • なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人のなさぬなりけり

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

定年退職後の健康保険、どうするのが正解?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50代の豊かな暮らし方~断捨離に通じるライフスタイルの取捨選択~

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

50歳からの手術・入院費用、民間の医療保険に入らずに備えるには?

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  考え方考え方

パートで厚生年金保険に加入すると 年金保険料は払い損?を検証

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  貯め方貯め方

年金が65歳から先延ばしの可能性も? 現在50代前半の男性は必見です

定年後・老後定年後・老後 |  定年後・老後定年後・老後 |  増やし方増やし方

アラフィフおひとりさまが今から準備する老後の収入について