購入か賃貸か・・・マイホーム購入永遠のテーマで失敗しないポイントはこれだ!

マネラボ編集部

2017.06.12.(月)

賃貸もマイホームも、住居費は一生で1億円

美香「遥人(はると)も1歳になったし、この部屋も手狭になってきたわね。2人目のこともあるし、そろそろ憧れのマイホームに引っ越したいわ」
翔太「うーん、賃貸のほうがラクな気もするけどなあ」

山田翔太さんは35歳、年収600万円のサラリーマン。しっかり者の奥さん の美香さんは33歳で、元気いっぱいの長男の遥人くんは1歳。3人で仲良く郊外のアパートに暮らしています。

新しい家族が増えることを考えたり、賃貸暮らしを続けているとそろそろマイホームをと考えたくなるものですよね。一生賃貸を続けるにしても、マイホームを購入するにしても、家賃やローン、諸費用の総額を合わせると、「どちらも約1億円以上かかる」と言われています。

賃貸と分譲、どちらがいいかを決める前に、まず、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

賃貸と分譲、そのメリットとデメリットは?

賃貸のメリットは、「ローンや管理費がかからないので身が軽い」「柔軟に住み替えできる」。
デメリットは、「老後も家賃の支払いが続く」「お金を支払い続けても自分の資産にはならない」「大家の都合によって住み続けられなくなる可能性がある」などが挙げられます。

分譲のメリットは、何よりも「ローンを支払い終えれば自分の資産になる」こと。万が一転勤などでそこに住み続けられなくなったとしても、人に貸して家賃収入を得たり、人に売って売却益を得ることも考えられるでしょう。
デメリットとしては、「長期間、ローンの支払いに縛られる」こと。

美香「資産形成や老後の安心感を得たいなら、やっぱり賃貸より分譲ね」
翔太「よし、じゃあマイホームのこと、真剣に考えてみるか」

人生最大の買い物で失敗しないために

「とはいえ、やっぱり賃貸のほうが気が楽だなあ」
山田さんに限らず、賃貸住宅に住む人はそう考える人も多いもの。

ここでちょっと考えてみましょう。家賃が月10万円とすると、1年間では120万円、10年では1200万円、30年では3600万円支払うことになります。家賃の場合は支払いが一生続きますから40年間では4800万円、50年では6000万円です。そのことに気づくと、多くの人が「あれ?それだけ払うなら、早いうちにマイホームを買ったほうがトクだな」と考えるようになります。


そして、ほとんどの人が数回モデルルームを回っただけで、よくわからないまま購入に踏み切ってしまうのが現実です。たまたまいい物件に当たればいいのですが、そうでないケースも決して少なくありません。住宅購入のノウ ハウを知らない人がいきなりモデルルームに行き、そこですぐに理想の物件に出会えるかというと、現実はそれほど甘くはないのです。売りにくい環境の物件、住みにくい間取りの物件など、資産価値の低い家を買ってしまうと、後で困ることになります。「こんなはずではなかった」と思っても、やり直しは難しいのが現実です。
「人生最大の買い物」で失敗しないためにも、不動産の知識をきちんと身につけましょう。
また、マイホーム購入後に急な転勤や海外赴任を宣告されてしまった場合は、こちらの記事を参考にすると安心ですよ。

「マイホーム購入無料体験学習会」開催中

失敗しないポイントは、
「自分の人生への投資家」としての目線を養うこと

衣・食・住への支出は、人生に絶対欠かせないものです。私たちが稼ぐお金の3分の1は住まいに支払われるのですから、ないがしろにはできません。借りるにしても買うにしても、不動産には大きなお金がついてまわります。ベストな選択をするためにも、不動産とお金の知識をしっかり身につけて、「自分の人生への投資家」としての目線を養いましょう。

次回の記事はこちら▶『マイホームは戸建て?それともマンション? 比較すると見えてくる、マンション購入の注意点!』

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

マネラボ編集部

マネラボ編集部。節約から投資まで、お金に関するさまざまなテーマのコラムを、わかりやすく・楽しく発信することに日々奔走中。誰もがお金と正しく付き合うための教養を身につけ、豊かな人生を送るためのヒントを提供しています。

  • これってセクハラですか?部下を傷つけないための正しい指導

    詳細を見る
  • サラ金と同じ?!クレジットカードのリボ払いに注意!

    詳細を見る
  • 働きたい会社と投資したい会社は違う!?

    詳細を見る