2017年からスタート!  セルフメディケーション税制とは?

森井じゅん

2017.01.21.(土)

一定以上医療費を使った場合、申告すれば一部が還元されるなど、うまく使いこなしたい医療費控除。この制度が2017年1月1日から変わると言うのです。一体どのように変わるのでしょうか?日米で活躍する公認会計士の森井じゅんさんにお聞きしました。

******************************************************************
まず改めて確認したいのですが、医療費控除の仕組みとは?

医療費控除制度は、1年間(1月1日~12月31日)に自己負担した医療費が、自分と生計を一にする家族の分を合わせて10万円(※注 所得金額が200万円未満の場合は所得金額の5%)を超えた場合、確定申告することにより、所得税の還付や、翌年の住民税の減額が受けられる制度です。ざっくりと言えば、医療費に係る支出が1年間で10万円を超えた場合に税金が安くなる制度です。

医療費控除の対象となるのは基本的に、病気の治療などにかかるもので、通院、入院、検査、出産、歯科、医薬品など様々です。美容を目的としたもの、インフルエンザ等の予防注射、診断書の費用などは医療費控除の対象とならないのでご注意ください。

相談をうけることが多いのが、健康診断や人間ドック代ですがこれはケースバイケースです。健康診断や人間ドックで病気が見つかり、その後も治療を続ける場合にのみ、その健康診断等も医療費の対象となります。検査で病気がなく嬉しいけど、健診等が医療費控除の対象とならず複雑な気分……なんてことも。

(※注 本文中では所得金額200万円以上の場合を想定しています。)

なるほど、よくわかりました。そして2017年1月1日からはじまる「セルフメディケーション税制」とはどんなものなのでしょうか?従来の医療費控除との違いと言いますと?

2017年1月から医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制が始まります。セルフメディケーション税制は、日ごろから自主的に健康増進に努め普段あまり病院には行かずに、薬局などで薬を買って自分で治しているという人にも控除を受けられるようにした制度です。現時点では、この新制度は2017年1月1日から2021年12月31日までの4年間にわたり実施される予定です。

従来の医療費控除は、基本的に医療費が10万円を超えなければ適用できません。でも、大きな病気にでもかからない限りそんなにいかないから医療費控除は使う機会がないとあきらめている人も多いです。

そんな中、新しいセルフメディケーション税制は1万2千円を超えれば適用できるため、金額的なハードルはかなり下がっています。つまり今までは医療費を諦めていた方たちも、これからは確定申告で控除を受けられる可能性も高まります。

そうなんですね。これは助かります。「セルフメディケーション税制」の対象になる条件というのは?

ドラッグストアなどのすべての市販薬が対象となるわけではないので注意が必要です。対象となる医薬品は医療用医薬品から転用された成分を含むものに限られている、いわゆるスイッチOTC医薬品のみです。現在の対象予定は、医療用医薬品でも使われている82成分を含む約1500品目です。

それでは対象となる医薬品はどのように見分ければよいのでしょうか。

1. 厚生労働省のホームページで確認:2ヶ月に一回対象品目リストが更新される予定です。
2. パッケージに印刷されるマーク:「共通識別マーク」が付されることになっています。ただ、マークは業界団体の自主的な取り組みで義務ではないため、表示がない医薬品もあります。
年金
3. 店舗にて:店舗ポップの表示や店員さんに確認することも一つの方法です。

確認が大事なんですね。では「医療費控除」より「セルフメディケーション税制」を使った方がお得になるのはどんな人達でしょうか?

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制は同時に利用することができません。そのため、申告する本人自身がどちらが有利かを判定し選択する必要があります。有利判定が必要なのは、医療費が10万円を超えており、スイッチOTC医薬品購入金額も1万2千円を超える場合ですね。

医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらの利用が得か、というのはその一年分の医療費合計とスイッチOTC医薬品合計をそれぞれ計算して比較します。どちらも「超えた部分の金額を所得から控除する」という制度なので、医療費控除の金額とセルフメディケーション税制の金額をそれぞれ計算して、超える部分の金額が大きいほうを適用したほうがお得です。

勘違いしやすいところですが、基本的にはスイッチOTC医薬品の購入費用は医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらに含めても使えます。医療費控除とセルフメディケーション税制の有利判定をする場合、医療費合計にもOTC医薬品の購入費用を含めて比較してください。

たとえば、医療機関や調剤薬局へ支払った額が6万円、スイッチOTC市販薬が7万円でした。という場合、医療費は二つを合わせた13万円で、医療費控除対象は3万円(13万円-10万円)です。一方、セルフメディケーション税制では5万8千円(7万円-1万2千円)。所得から控除できる金額の大きいセルフメディケーション税制が有利・お得となります。

【最大控除額】
セルフメディケーション税制では最大で8万8千円まで控除されます。一方、従来の医療費控除は200万円が上限です。医療費が18万8千円を超える場合には明らかに従来からの医療費控除を利用したほうがお得です。

よくわかりました。最後に「セルフメディケーション税制」で控除を受けるにはどのような手続きを行えば良いでしょうか?

大事なポイントは3つです。

1,レシートをとっておく
確定申告をする際にレシートや領収書が必ず必要になります。新税制に伴い、ドラッグストアなどの販売店では、レシートなどに①商品名、②金額、③当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨、④販売店名、⑤購入日が明記されることになっています。しかし、販売店によってはレジが未対応のケースもあります。レシートであれ手書きの領収書であれ、税制対象商品であることや購入の内容が分かるようにしてください。

余談ですが、医療費控除もセルフメディケーション税制も本人分の治療だけが対象ではありません。自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族(両親や子供など)のために支払った医療費も含みます。仮に地方から東京の大学に通うため別居中の家族でも、仕送りなどをしていて「生計を一」にしていれば同様に対象となります。病院に行った時や医薬品購入などの領収書は保管しておいてもらいましょう。

2,健康診断の結果通知書などをとっておく
セルフメディケーション税制では、健康の維持増進に努める人を対象としており、一年のうちに予防接種や健康診断を受けていることが前提となります。特定健康診断、予防接種、定期健康診断、がん検診などを受診している事を証明出来なければなりませんので、それらに係る診断書や領収書その他の資料を必ずとっておきましょう。

3,確定申告をする!
必ず確定申告をしてください。確定申告なしでは控除はありません。ちなみに2016年分については2017年2月16日(水)~3月15日(木)が確定申告の期間・期限になります。わからないことは税務署に聞いても教えてくれますよ。

値下がりリスクをなくす!「お金の教養スクール無料体験学習会」

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

森井じゅん

■公認会計士/米国ワシントン州公認会計士/税理士/FP
■高校を中退後、大検を取得。レイクランド大学ジャパンキャンパスを経てネバダ州立リノ大学に留学。留学中はカジノの経理部で日常経理を担当。一女を出産し帰国後、シングルマザーとして子育てをしながら公認会計士資格を取得。平成26年に森井会計事務所を開設し、税務申告業務及びコンサル業務を行っている。
http://www.horipro.co.jp/moriijun/

  • サラ金と同じ?!クレジットカードのリボ払いに注意!

    詳細を見る
  • 働きたい会社と投資したい会社は違う!?

    詳細を見る
  • 定年を迎えてからでは遅い「二度目の人生」を楽しむ2つのポイント

    詳細を見る