融資条件はここまで変わる! 不動産投資8年目の銀行からの評価

小林ヒロシ

2017.01.04.(水)

明けましておめでとうございます!
今年も良質で実践的な内容のコラムをお届けしたいと考えております。今年もどうそよろしくお願いいたします。

早速ですが、以前から密かに交渉してきました、2銀行との融資の金利についてですが、引き下げに成功しました。新年早々うれしいです。

そこで、今回は私の現在の各銀行の融資金利を公表いたします。

某埼玉系銀 0.975% (昨年度と変わらず)

某地方銀 0.50%  (昨年度の金利0.95%) 写真参照

某信用組合 0.925% (昨年度の金利1.05%)

某銀行系信用組合 1.2%  (交渉中、今年3月くらいに0%台?)

金利

当初、スルガ銀から、金利4.5%で借りていた時代に比べると、大変良い感じの低金利になっています。

本当に未曾有の低金利時代ですね。

低金利➡ 支払利息減➡ キャッシュフローが増えますので、経営が安定します。金利引き下げによるメリットは数千万円になっているかと思います。

借り換えをしたり、コツコツと各銀行への信用を積み上げて行った末の結果です。

銀行との信用を築いていくことは不動産投資において本当に大事です。

あと、4行に分散させているので、各銀行がお互い競い合うことも挙げられます。取引において、一定の緊張感を保つことも大事です。なあなあの関係はよくありません。

また、複数の銀行と取引している方が、今後新たに融資を受ける際に選択肢が広がって良いですよね。

ビジネスのスタート時点では高金利でもあとで挽回は可能であるという言葉を、これから不動産投資を志す人に向けた新年の挨拶に変えたいと思います。

 

 

小林ヒロシ

元サラリーマンの専業大家。大卒後、自由な生活を夢見ながら、海外取引メインの商社、外資系マーケティング会社などに勤務。2008年から2011年までに5つの物件を購入。以前から所有していた物件2つと合わせて7つの物件の大家に。
前後してサラリーマンを辞め、長年の夢だった悠々自適の生活を実現した。MBA(経営管理修士)、中小企業診断士、1級販売士、英検準1級など、取得資格は多彩。

  • FXの変遷〜1998年FX元年から2017年までにあったことまとめ

    詳細を見る
  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第11話~

    詳細を見る
  • 誰もが悩む!マイホーム購入、住宅ローンの金利選択ポイントとは

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

生活 生活 | 稼ぎ方 稼ぎ方 | 資産運用 資産運用

FXの変遷〜1998年FX元年から2017年までにあったことまとめ

生活 生活 | 増やし方 増やし方 | 資産運用 資産運用

お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第11話~

考え方 考え方 | マイホーム・保険 マイホーム・保険 | 住宅購入 住宅購入

誰もが悩む!マイホーム購入、住宅ローンの金利選択ポイントとは

考え方 考え方 | 生活 生活 | 経済トレンド 経済トレンド

いよいよ今週末は衆院選挙。政党によって変わる家計予測!

考え方 考え方 | 知恵袋 知恵袋 | 結婚・出産 結婚・出産 |

本音と現実!結婚にそなえて読みたい「愛とお金」の記事まとめ

考え方 考え方 | 定年後・老後 定年後・老後

リボ払いはこんなにも損!すぐ分割払いに変えるべき理由