投資の儲けに税金ゼロ!?知って「トク」する確定申告

野瀬大樹

2018.01.05.(金)

確定申告「しなければならない」人って?

そろそろ確定申告の季節が近づいています。通常「確定申告」というとお勤めの方であれば関係ない話かと思うのですが、必ずしもそうではありません。世の中にはお勤めの方(いわゆるサラリーマン)であっても確定申告により税額を計算する必要がある人がいるのです。

逆に言いますとやらなければ明確に法律違反ですので気を付けてください。

具体的には……
①年収が2000万円を超えている人
②給与を2か所以上からもらっている人
③給与以外の副業で20万円以上稼いでいる人

あたりがよくある「サラリーマンなのに確定申告が必要な人」ということになります。

最近は副業をOKとする会社も増えていますし、株やFXをされる方も増えていますので、特に③に該当する方が増えているように思います。

損した時こそ!?確定申告「した方が得」な人

一方、確定申告をする必要はないですが「した方が得な人」というのも存在します。

前述の「しなければならない人」は、もし確定申告しなければ税務署から連絡がありますが、この「した方が得な人」に対して税務署は「したほうが得ですよ」と教えてくれるわけではありません。

そのため「した方が得な人」に関しては、自分自身で判断する必要があるのです。代表的な例は以下のものです。

①所得控除、税額控除がある(医療費や住宅ローンなど)
②投資で「損」をした

まずは①について。
1年間に医療費をたくさん使った人は「医療費控除」を受けられる可能性があります。生命保険料控除と異なり、こちらは年末調整ではなく確定申告で申請する必要があるため注意が必要です。また本年度よりセルフメディケーション税制も導入されているので、特に医薬品をたくさん購入された方はご注意を!(セルフメディケーション税制については次号で詳しくお話しします)

また住宅ローン控除も金額的メリットが大きな控除です。最大40万円もの税金が返ってきますので確定申告において申請するのを忘れないようにしてください。

続いて②「投資で『損』をした人」です。
通常投資で損を被っても儲けはマイナスなので税額もゼロなので申告は不要のような気がするのですが、「損」をした場合、その損を翌年以降の「繰越す」ことが可能になります。

たとえば、ある年に100万円株式投資で損をした場合、確定申告時においてその損を申告するとその後3年間にわたり株式投資での儲けと相殺することができるのです。

また複数の証券口座やFX口座をお持ちの場合も、損をしている口座と利益を出している口座を合算して利益を相殺し税額を小さく抑えることができるのです。

このように、投資をしている場合「損」をしたときほど、確定申告を行うメリットはあると言えるので、「損をした時こそ確定申告!」というフレーズを覚えてくださいね。

野瀬大樹

公認会計士・税理士。大手監査法人にて会計監査 、株式公開支援、財務調査、内部統制構築業務にかかわる。会計のプロとしての視点から家計のリストラに着手し、支出を1年で50%減らす。さらに自身の労働時間を年間1000時間減らす中で、所得の増加にも成功している。公認会計士協会主催の講習の講師も務め、小中学生に会計とお金の話をわかりやすく伝える授業には定評がある。著書に「20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとやばいですよ!」(クロスメディア・パブリッシング) 、「自分でできる 個人事業主のための青色申告と節税がわかる本」(ソーテック社)などがある。

  • 【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part1

    詳細を見る
  • お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第22話~

    詳細を見る
  • 2018年の確定申告で注意するべき3つのポイント

    詳細を見る

こんな記事も読まれています

住宅購入 住宅購入 | 増やし方 増やし方 | 資産運用 資産運用

【不動産投資家のリアル自宅大公開!】 不動産投資家が教える、得するマイホームの買い方! Part1

生活 生活 | 増やし方 増やし方 | 資産運用 資産運用

お金の学校の社員がガチで100円投資に挑戦したらこうなった。~第22話~

考え方 考え方 | 知恵袋 知恵袋 | 生活 生活 |

2018年の確定申告で注意するべき3つのポイント

考え方 考え方 | 知恵袋 知恵袋 | 生活 生活 |

起業に「法律知識」は必要?

考え方 考え方 | 知恵袋 知恵袋 | 生活 生活 |

保険料は年間1000円。万一の事故に備えるオススメの「特約」

定年後・老後 定年後・老後 | 増やし方 増やし方 | 定年後・老後 定年後・老後

50代の老後資産のつくり方 ~もしも55歳で3つの「積立投資」を始めたら~