最近増えている「少額短期保険」で安心を得る

宮尾忠敬

2017.11.29.(水)

「保険」と言われて誰もが思いつくのは、生命保険や損害保険、自動車保険などですが、実は最近、保険商品の多様化が進んでいます。

「生活の中で起こる困った事態」をカバーする個性的でユニークな保険が幅広く提供されており、しかも、手軽に加入できると注目されています。

このような商品は、「少額短期保険」と呼ばれています。保険金額が少額で期間も1~2年以内、必要な保障をその都度選択するのが特徴です。

そんな少額短期保険と呼ばれる、少し変わり種のピックアップ。もしもの時に慌てないように今から備えておきましょう。

大切なペットのために入るペット保険

まずは、ペットのための少額短期保険。
大切なペットが病気やケガをした場合、健康保険が効かないのですべて実費となってしまいます。治療費や手術費は決して安い金額ではありません。そんな時の通院費・入院費・手術費を補償してもらえるのが、このペット保険です。

補償割合なども保険料によって50%~100%まで商品によって豊富に揃っており、家計のバランスなども考えて最適なものを選ぶことが出来ます。

また、ペットに関する保険商品は、新しいものが続々と登場しています。例えば、「迷い猫の捜索費用を補償する」という保険で、東京海上日動火災保険から今年2017年6月に販売されました。

猫に発信機を装着して迷い猫の探索をサポートする「ねこもに」というアプリサービスに付帯する「ペット探偵による捜索サービス保険」として販売されています。

猫が行方不明になってしまっても飼い主に代わってペット探偵が探してくれ、その捜索費用は保険でカバーすることが出来ます。

登山での遭難リスクを補償する山岳保険

続いては、登山やキャンプ、渓流釣りなど、山でのレジャーを行う時に安心の保険をご紹介します。

登山ブームもあいまって、たくさんの観光客が山にチャレンジしています。一方で、全国の山岳遭難者は増えており、昨年2016年は2,929人もの方が遭難にあったようです。

山岳遭難救助に掛かる費用、例えば、ヘリコプター代を含めて警察や消防署などでは無料の場合がほとんどですが、民間出動の場合、救助が1時間前後で完了するとして、費用は50万~80万円ぐらい掛かってしまいます。しかも、行方不明などで広く捜索しなければならないときは時間もかかり、さらに費用がかさんでしまう可能性もあります。

そんな、海以外の山岳地帯で事故に遭った際の捜索や救助の費用をカバーするのが、「レスキュー費用保険」(日本費用補償少額短期保険)。年間4千円の保険料で300万円まで補償してくれる保険となっています。

旅行先での悪天候を補償するお天気保険

旅に関するちょっと変り種の保険が、このお天気保険。旅先で街歩きや野外レジャーを楽しもうと思ったとき、あいにくの雨だと台無しです。ネットのホテル予約サイト「ベストリザーブ」が手掛ける「お天気保険付きプラン」は、事前に支払った旅行料金を取り戻すことが出来ます。

保険料は宿泊代金の1割で、1時間0.5ミリ以上の雨が午後3時から6時まで降り続けば、実際に宿に泊まっても宿泊代金を全額返金してもらうことが可能です。

せっかく楽しみにしていた旅行を台無しにしないためのお天気保険は使い勝手が良さそうです。

【この記事を読んだ人におすすめの記事】
旅行会社が倒産…… 「もしも」の損失を最小限にする6つの心得

満員電車で通勤するサラリーマンのための痴漢冤罪保険

そして最近ニュースなどでよく話題に上る「痴漢冤罪」のための保険。

心当たりのない疑惑をかけられ、誤解を解く間もなく身柄を拘束されて警察へ。サラリーマンのみなさんにとって、想像しただけでも怖いものです。

そうしたリスクを軽減するために「痴漢冤罪保険」が話題になっています。ジャパン少額短期保険が提供するもので、保険料は年間6,400円。商品の内容としては「個人賠償責任保険」「弁護士費用保険」がセットになっています。

さらに、この保険で特筆すべきは「痴漢冤罪ヘルプコール」。いざ冤罪に巻き込まれたときに、その場で弁護士に電話で相談できるスピードサービスです。

現場では、周りから白い目で見られ、時に激しい言葉のやり取りなどもあるかもしれません。そんな時に、警察とのやり取りも、弁護士の指示に応じて行うことが出来るので心強い味方です。

【この記事を読んだ人におすすめの記事】
通勤手当は非課税だから遠距離通勤がお得……とは限らない!

安心して一人暮らしをするためのストーカー対策保険

最後に取り上げるのは、こちらも近年社会問題となっているストーカーに関する保険です。日本少額短期保険株式会社から発売されている「みんなの部屋保険」の特約の一つに「ストーカー対応費用担保特約」という保険があります。

この保険は、ストーカーの被害から守るために要した対策費用などを保険金として受け取ることができます。

例えば、ストーカー行為などを証明するため、または防止するための機器の購入費用や、弁護士へ支払った相談料などを補償してくれます。

しっかりとしたストーカー対策をしようと思えば、必要な設備費用などでお金も高額になってしまいます。安全な生活を送る為の費用を補償してくれるのは、女性にとってありがたいですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨今広がりを見せている少額短期保険。今後もますます細分化され、ニーズをとらえた商品が出てくると予想されます。それぞれの都合に合わせて賢く加入し、安心安全を自分のものにしていきましょう。

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

宮尾忠敬

テレビ、WEBメディアで活動中。趣味は手頃な値段で飲めるお店巡り。

  • サラ金と同じ?!クレジットカードのリボ払いに注意!

    詳細を見る
  • 働きたい会社と投資したい会社は違う!?

    詳細を見る
  • 定年を迎えてからでは遅い「二度目の人生」を楽しむ2つのポイント

    詳細を見る